東 北 編
◆秋 田 県
1 2 3 4
◆原生林の樹海と点在する湿原の国立公園八幡平(写真・1・2)
◆国立公園八幡平の一角焼山山麓にある名湯新玉川温泉(3)
 ラジウムを大量に含有している世界でも珍しい塩酸を主成分とした強酸性の泉質。
 効能は神経痛・リウマチ・胃腸病・糖尿病・皮膚病…で、医学的な面からも優れた効能が認められている。
 大浴場(3)には源泉100%(PH1.2)の湯、50%の湯の他、箱蒸し浴、蒸気浴、頭浸浴、歩行浴、飲泉等がある。
 露天風呂(4)の写真手前には温熱浴がある。床に寝ると発汗作用により新陳代謝を促す。
 飲泉では水で5倍に薄めて飲んだが、歯が浮くような溶けるような感じがした。ピロリ菌もイチコロ?
 源泉100%の湯は皮膚がぴりぴりした。ひげを剃ったあとや傷があるところはかなり刺激的。
 角質化したところはすべすべになった。アトピーにも効くそうです。
  秋田県仙北郡田沢湖町玉川 秋田新幹線田沢湖駅より、八幡平頂上行きバスで75分新玉川温泉下車
◆青 森 県
1 2 3 4
◆発荷峠から見た十和田湖(1)
◆奥入瀬渓流(2)子の口から石ヶ戸の間には遊歩道がある。この辺りの露天風呂に入りあぶに刺されまくる。
◆尻屋崎の寒立馬(かんだちめ)(3)広い牧草地に自然放牧されている。厳寒の季節、風雪にさらされながら立ち  尽くす。
◆尻屋崎灯台(4)津軽海峡の東の入口にあたり下北半島の北東端に突き出た岬。
1 2 3 4
◆恐山冷泉(1)一杯飲むと10年、二杯飲むと20年長生きできる、三杯飲むと寿命まで?生きられるという。
◆霊場「恐山」(2〜4)高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つ。開山は今から千百余年。
 荒涼たる大地に立ち込める硫黄の臭い。宇曽利山湖の極楽浄土を思わせる白砂の極楽浜。まさしく恐山。
 恐ろしい山…ではないんだって。宇曽利山はアイヌ語の「ウショロ(湾・入り江の意)」と呼ばれていた。
 地獄とも極楽とも思える様相からいつからか恐山と呼ばれるようになった。むしろ恐れ入る山だそうで。
 ここは「イタコの口寄せ」で有名ですが、この日はイタコさんはいらっしゃいませんでした。
1 2 3 4
◆下北半島名物ほたての味噌貝焼き(1)下北ではどの家庭でもホタテの貝殻があるらしい。
 貝殻を鍋代わりにして、味噌仕立ての汁の中にホタテ、鱈、ねぎ、卵が入る。柳川風。うん、うまい。
◆大湊駅前、明日から大湊のねぶた祭。空き地から太鼓や踊りの練習をしている音が聞こえて来る。(2)
◆大湊駅待合室に展示されている張子。(3)
◆最果ての旅情に浸れる大間崎(4)大間の漁師はマグロの一本釣りをするそうです。
1 2 5
3 4
◆仏ヶ浦(1〜2)を見ずして下北は語れない。佐井アルサスから高速船に乗って行く。
 エメラルド色に輝く海の色。「天工妙技に息をのむ」と言った感じで、自然が創りだした造形美に感動!!
◆日本一の山車まつり「八戸三社祭」(3〜5)7月31日(前夜祭)から8月3日まで
 8月上旬は東北の祭が目白押し。今度は竿灯やねぶた祭を見に行きたいなと思いました。

旅倶楽部index