沖 縄 編(2002.4)

◆4月の沖縄はうりずん(いよいよあたたかくなるという時期の天候)を迎え、最高気温23度と過ごし易かった。 
 4月1日より海開きが始まりこれから暑い沖縄が始まる。

◆伝統芸能
踊りを大別すると、宮廷の踊りと庶民が気軽に踊る雑踊りとに分けられる。紅型衣装(約2万円〜100万円)に蓮の花の模様の花笠をかぶり、四つ竹という打楽器を打ち鳴らしてしなやかに舞う(左)。こざっぱりした衣装で軽快なリズムで踊る(中)。太鼓を力強く打ち鳴らし回転をするように舞うエイサー。
◆琉球村
 「伝えたいむかし沖縄」をコンセプトに、伝統芸能のアトラクション、沖縄の「食」の体験、琉球文化に触れることができる体験教室等充実している。移築された民家やハブショーも見られます。
◆やんばる亜熱帯園
 巨大なヘゴの木と色鮮やかな花々が群生し、南国の島を感じさせる。キノボリトカゲや木の葉に似たコノハチョウも見られるそうです。
◆海洋博公園
 1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会跡地につくられたテーマパーク。「沖縄の海、出会いと発見の旅」をテーマに展開される。ジンベイざめの飼育、サメ・エイ類の水槽内繁殖など学術の記録が数多くある水族館・オキちゃん劇場イルカスタジオ・ウミガメ館・マナティー館・沖縄郷土村・熱帯ドリームセンターなどなど。3000人が遊べるというエメラルドビーチ(左の写真)は感動もの。
◆万座毛
まんざげではなく、まんざもうと読みます。かってここに立ち寄った琉球王尚敬が「万人を座らせるに足る」と称賛し、それが名前の由来となっているそうです。エメラルドグリーンの大海原と珊瑚の断崖は圧巻です。
◆首里城公園

朱礼門

園比屋武御嶽石門

観会門

瑞泉門

泰神門

正殿・御庭
 朱礼門は尚清王時代(1527から1555年)に創建。「琉球は礼節を重んずる国」という意味の言葉が扁額に書かれている。約500年にわたって琉球王国の城としてありつづけた首里城。戦時中、陸軍の巨大な壕があったため米軍によって攻撃の対象となり破壊された。1992年に復元された。
◆牧志公設市場
 国際通り(直線距離1.6kmの那覇で一番賑やかなメインストリート)の中央当たりに位置する沖縄の台所と呼ばれる市場。肉屋さんに行けば豚の面皮が、魚屋さんに行けば鮮やかな色の魚が見られる。新鮮な魚を買って、2階にある飲食店街(右下)で調理してもらうことも可能。観光客で賑わっているので席待ちをすることが必要。イセエビを食べている人が多かった。
◆沖縄料理

グルクンのから揚げ

ラフティ

ジーマーミ豆腐
 国際通り沿いには多くの飲食店、土産物店が立ち並ぶ。今流行りのタコライス(メキシコのタコスの具がごはんにのっている)がメニューある店や、沖縄空手・舞踊を見ながら食事できる店、調理時のパフォーマンスが楽しいステーキハウス等選ぶのに困ってしまう。路地裏に行くと地元の人で賑わう居酒屋があり、格安でとてもおいしく本当に満足できる。ホテルの従業員やタクシーの運転手さんに聞くと良い。
 私が行ったのはK店、オリオンビールは昨日たくさん飲んだので泡盛を飲むことにした。つまみは沖縄料理の定番チャンプル…といっても、ゴーヤを始めヘチマ、フー、からし菜、もやし等10種類あった。ゴーヤは良く食べるのでお品書きの2番目にあった豆腐チャンプル(500円)を頼んだ。アメリカ製缶詰のランチョンミートが入っていた。これは密度の濃い沖縄豆腐とマッチしていた。次にグルクン(海の中では青、陸に揚げると赤色になるという魚)のから揚げ(500円)、ラーフティ(600円)、ピーナツ入りのジーマーミ豆腐(300円)、紅芋天(350円)、ナス味噌炒め(500円)を頼んだ。塩分控えめで味わいのある沖縄料理は健康食でどれも満足できました。
 その他、豚の内臓が入っている中身汁(450円)、海ぶどう(500円)、モズク酢(300円)、豆腐よう(300円)、ミミガ−(300円)、足ティビチ(600円)、イラブチャ−(蛇)酢味噌和え(600円)、ヒージャ(山羊)刺し(1000円)がお勧めです。
◆玉泉洞王国村
 日本第2位の長さ、全長5kmを誇る鍾乳洞がある一大テーマパーク。陶器や琉球ガラス工房などでは制作工程が見られ、工芸村では藍染め・紅型などの実演と体験教室が開かれています。写真右はぶくぶく茶と落雁です。メレンゲのような泡が浮いたお茶です。風通しの良い家屋の一室で花々を見ながら飲むと気持ちが落ち着きます。
◆ひめゆりの塔
 第一女学校と師範学校女子部の生徒及び教師たちで編成されたひめゆり学徒隊の自決を含む戦死者を祭る慰霊塔です。ひめゆりとはそれぞれの学校が併置となり、校友会誌もひとつになりました。一校女は「乙姫」、師範は「白百合」の名前の一部を合わせて「姫百合」となり、戦後「ひめゆり」とよばれるようになりました。沖縄戦の90日の死闘で日米双方に20万人の犠牲者を出しましたが、そのうち12万人は沖縄住民でした。塔の下にぽっかりあいた第三外科壕後は見る側に生々しく戦争の悲惨さを訴えかけています。

旅倶楽部index