九 州 編
◆大 分 県

1

2

3

4
【富貴寺】(写真1) 天台宗に属す九州最古(平安後期)の木造建築(国宝)。
【だんご汁】(2) 地元ではだご汁という。味噌仕立ての汁の中に野菜と小麦粉を練り、伸ばして手でちぎったものが入っている。きし麺風のものが入っているのは本来のものとは違う。
【宇佐神宮】(3) 全国八幡宮の総本山。ニ礼四拍手一礼。出雲大社と同じ。
【耶馬渓・青の洞門】(4・5・6) 青の洞門は、巡錫僧禅海(じゅんしゃくそうぜんかい)が、耶馬渓溶岩の大絶壁にさえぎられて難儀する人々を見て発心し、享保19年(1734)から30年近くの歳月を費やして、岸壁を掘り抜いて造った洞門。現在の洞門は、当時の洞門を押し広げ、道路としている(4)。洞門の合間から見える景色は中国の景色の様(5)。手彫りの洞門(6)。

5

6

7

8

9

10

11

12
【湯の花小屋】(7) 
【別府海地獄】(8) 94度もある熱湯の池。
【竹瓦温泉】(9) 北浜ヨットハーバーのちかくにある唐破風母屋造りのレトロな建物。明治12年に建立された当時、竹で屋根を葺いていたことからこの様に呼ばれるようになった。男女別になっているが泉質がそれぞれ違う。入浴料100円とは嬉しい。蛇口が無いので湯船からお湯を汲んで使用する。指宿のような砂蒸し風呂もある(別料金)
【ハーブ園】(10) ハーブの世界
【金鱗湖】(11、12) 湯布院(由布院の名称はS27年に湯の平町と合併後、由が湯になった。)にある朝霧で有名な湖。期待が大きいとがっかりするかもしれない。湖というより池。
◆熊 本 県

1

2

3

4

5

6

7

8
【阿蘇外輪】(1)ダイナミックな阿蘇のパノラマ。【阿蘇5岳】(2)お釈迦様の涅槃像に見えるでしょうか?【阿蘇千里】(3)、(4) 
【のっぺい汁】(5) 鶏肉、野菜等が細かく刻まれて入っている。良い出汁が出ていて美味しい。
【水前寺公園】(6)(7) 桃山式の回遊庭園
【フェリーより】(8) 熊本から島原に向かうフェリーにて。かもめがお供をする。かっぱエビせんが目当て。
◆長 崎 県

1

2

3

4
【普賢岳】(1) あの時の惨状が思い出させられる。
【雲仙地獄】(2) ホテルが立ち並ぶ裏手にある。硫黄の臭いが絶ちこめる中を歩く。
【長崎原爆資料館】(3) 被爆の惨状、投下されるに至った経過、核兵器開発の歴史などについて展示。被爆直後の惨状も再現している。
【平和祈念像】(4) 平和祈念公園にある平和祈念像(北村西望作)。上空を指す右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、軽く閉じたまぶたは原爆犠牲者への冥福への祈りを表す。プロレスラーの力道山がモデルになっているらしい。

5

6

7

8
【原爆落下中心地公園】(5) 1945.8.9ファットマンがこの地に落ちる。「私達はこの日の出来事を決して忘れてはいけない!!」
【長崎製鋼所】(6) 当初、ここが原爆落下攻撃目標となっていた。
【大浦天主堂】(7) 1865年に建てられた日本最古のゴシック様式の教会。
【グラバー園】(8) その昔、外国人の居留地だったところで、移築復元された由緒ある洋館が点在する。

9

10

11

12
【グラバー邸】(9) 幕末日本の近代化に尽力をつくした英商トーマス・グラバー氏の旧邸。オペラ「蝶々婦人」ゆかりの地とされ、現存する木造洋館では最古のもの。
【長崎伝統芸能館】(10) 日本三大祭の一つとして360年の歴史と伝統を誇る「長崎くんち」の奉納踊りに使用する出し物を展示する。
【オランダ坂】(11) 長崎の人は外国人の人を「オランダさん」と呼び、東・南山手に住むオランダさんがこの坂道を往来することから名づけられた。昔と変わらぬ石畳の坂道が浪漫を感じる。
【長崎市内】(12) 路面電車が往来する市街。100円で乗れる。長崎市民の自転車の保有率は8人に一台という割合(他府県では2人に一台が標準)。バイクは普及率は高く、5桁のナンバーが多い。坂道を多いためだという。

旅倶楽部index