ハンガリー共和国・ブダペストの旅
【基礎知識】
●ハンガリー共和国(人口約1011万人)の首都ブダペスト(約186万人)
通貨と両替
 通貨単位はフォリント。Ftと表示される。10フォリントは約5円。
日本からの入国
 日本からの直行便はない。成田からオーストリアのウィーンまで12時間20分。そこから乗り継ぎ1〜3時間。
時差と気候
 約8時間。3月〜10月までのサマータイムの期間は7時間。大陸性気候で春、夏が短く、5〜9月までは雨が多い。一日の温度差が大きい。

 水道水は飲めるが、ミネラルウォーターを買うのが無難。炭酸入りが多いので、買う時はノンガスを買う。キオスクやコンビニで買うと150円前後。観光地の売店だと3〜4倍とるところもある。
買う
 世界的に有名な陶器「ヘレンド」、「ジョルナイ」(セット販売が主で高価)。手縫いのカロチャ刺繍。自由橋たもとの中央市場でトリュフ入りのフォアグラの缶詰、パプリカやグヤーシュスープのもと等。
その他
 よく写真で紹介される街の随所にある温泉。室内と屋外があり、時間に余裕があれば水着持参で入ると良い。

1

2

3

4
 【エステルゴルムの大聖堂】(1)19世紀に建てられハンガリー最大の大聖堂。
(2)聖堂内部。リストはこの聖堂の献堂式の「荘厳ミサ」を作曲した。
(3)聖堂下にある大司教のワイン倉を改装したレストラン。奥行きがあり、素敵な雰囲気。
(4)遺跡の街ビシェグラードにて。ハンガリーの民族衣装かな?青年の左手には鷹がいる。顔つきは西洋人だけど、マジャール人はアジア系。その証拠に赤ちゃんのお尻には蒙古斑がある。

5

6

7

8
【ビシェグラード】(5)今世紀初頭に数々の遺跡が発掘された町。有名なソロモンタワーを含む14世紀頃の王宮跡が中世の雰囲気を残している。タワーから見た景色。対岸はスロバキア。ドナウ川が直角に曲がっている。
【コウノトリの巣】(6)初めて見た。驚き。
【センテンドレ】(7)17世紀セルビア商人がこの地に造ったカラフルな街並み。トルコの侵略を免れたセンテンドレ。(8)町の洋服屋さん。窓からかわいい子供服が見える。

9

10

11

12
(9)センドレのパプリカを売っているお店。軒先にパプリカがぶら下がっている。
【コバッツ・マルギット】(10)20世紀のハンガリーを代表する女流陶芸家。センテンドレをこよなく愛し、陶器の人形を多数寄付した。(11)マルギット美術館。
(12)センテンドレのアイスクリーム屋さん。種類が多くて美味しい。ダブルで80円ぐらいと安い。

13

14

15

16
【中央市場】(13)自由橋のたもとにある。ブタペストの人たちの生活を垣間見ることが出来る。地下が魚市場、1Fが肉、2Fが安価な民芸品のお土産が売られている。お肉屋さんで「フォアグラの缶詰」を買うのがお勧め。日本の市価の半額以下、トリュフ入りもある。店によって値段が微妙に違うので比較しながら買うと良い。
(14)カメラを向けるとポーズをつけてくれたお兄さん。肉をさばいているだけあって腕の筋肉がすごいマッチョマン。店頭にはサラミやソーセージがたくさんぶら下がっている。計り売りもキログラム単位。
(15)パプリカ専門店。チューブ入りインスタントグヤーシュスープも売っている。
【マーチャーシュ教会】(16)丘の上のブダ地区にある。正式名を「ブダの聖母マリア教会」と言う。13世紀に創建されたゴッシック様式のカトリック教会。

17

18

19

20
【カロチャ刺繍】(17)ハンガリーで手頃で素敵なお土産といったらコレ。
【ゲレルトの丘】(18)ブダ地区にある標高235メートルの丘。ここからのドナウ川とペスト地区の眺めは最高。
【イシュトバーン教会】(19)ペスト地区に降り、ブダペスト最大の教会へ。1905年に完成され、最近修復が終わった。ドームの高さ96m.もある。(20)は内部。初代ハンガリー国王の右手のミイラを見ることが出来る。

21

22

23

24
【英雄広場】(21)中央に天使ガブリエルを乗せた巨大な塔が立つ広場。建国1000年を記念して造られた。
【グヤーシュスープ】ハンガリーの代表的な料理。特産のパプリカで牛肉と野菜を煮込んだシチュー。種類も多い。適度な辛味があり、初めての味。スパイシーで美味しい。
【ランチメニュー】(23)街中にいたるところにあるオープンスペースのレストランにて昼食をとる。ランチメニューも写真入りで店頭に貼ってあり、言葉が通じなくても気軽に入れる。ポーク、チキン等の料理が10種類位あり、ボリューム満点。値段も800円位で手頃。ビールは毎食飲んでいた。
【ケーブルカー】(24)ブダの王宮に行くために利用した。ブダの王宮には国立美術館、歴史博物館がある。美術館は国際的には無名作家の作品が多い。むしろ階上に展示されている現代美術の方が面白い。美術館では荷物をすべて預け、預かり賃もしっかり取られた。美術館横の売店ではファンタオレンジが400円位した。

25

26

27

28
【地下鉄】(25)ヨーロッパ大陸では最初と言われている地下鉄。パリやその他の国の地下鉄は治安上乗るのが怖い感じがしたが、ローカルな感じで安心。
【ドナウ・クルーズ】(26)鎖橋がライトアップされ大変綺麗。テムズ川以来のクルーズ。ドリンク付きで日本語でのガイドもある。鎖橋はフェレンツ伯爵がブダとペストの統合を願い1849年に建設したもの。
【花火】(27)ホテルの窓から見えた花火。規模は小さいが、ライトアップされた王宮を引き立てる。「ドナウの真珠」といわれる位ブダペストの夜景は綺麗。
【ゲデーレ宮殿】(28)姑ゾフィーと仲が悪かったエルザベートがウィーンの本宮を好まず、ここに何度も滞在したという。

29

30

31

32
【ホッローク村】(29)、(30)1987年に世界遺産に登録された人口400人弱の村。現在126件の民家があり、そのうち55件が文化保護に指定されている。のどかな感じがする素敵な村。
【ホッローク村の家の内部】(31)こじんまりまとまっている。
【民族衣装】(32)小柄な小太りの赤ら顔のおばあちゃん達が民族衣装で登場。とてもかわいい。歌と踊りを披露してくれ、焚き火でとうもろこしを炙り、ポップコーンを作ってくれた。

33

34

35

36
【ホッローク村のレストラン】(33)郷土料理をつくるための窯。ジャガイモや肉をローストする。
【郷土料理】(34)ダック、チキン、ポーク、ジャガイモのロースト。塩だけの味付けでとても美味しい。自然の味が引き出されている。バロックスープは最高に大変美味。
【最後の晩餐】(35)周りはプール付きの住宅が並ぶ高級住宅地にあるレストランにて最後のディナー。ハンガリーの名曲や日本の名曲も弾いてくれた。(36)前菜のチキンとゴルゴンゾーラのロールサラダ添え。スープはアスパラガスのクリームスープだったが、シチューやスープはどこの店でも大変美味しい。メインはすずきのソテーポテト添え。

ブダペストは治安もさほど悪くなく、ゆったりくつろげる。観光に力を注いでいるようで、美しい町である。イタリアやスペイン等のような強烈な文化のインパクトはないが中世の面影が残る素敵な印象だけが記憶に残った。

旅倶楽部index