フィンランド

シベリウス公園

カウパトリマーケット広場

シリアライン
8月9日(木)スカンジナビア航空984便にてコペンハーゲンへ。その後、フィンランドのヘルシンキへ。
 人口・510万/面積・33万8千Ku/日本との時差7時間遅れ/気温21℃前後
 8月10日(金)オリンピックスタジアム・カウパトリマーケット広場A・ウスペンスキー寺院に行く。その後、シリアラインのシンフォニー号に乗る。


 
旅の心得として、パスポートとお札は腹巻の中に入れている。北欧も治安は安全といわれてきたが、東欧からすりが出稼ぎにきているそうだ。スペインのマドリッドみたいに右を見ても左をみてもすりだらけの国と違って、自己管理ができていれば狙われる心配はないと思う。現金はトラベラーズチエックに替えず、円で持ち歩く。最近は、コインも両替できる。カードの利用の際は記入された数字をその場で要チェック、0が一つ多く書いてある場合がある。チップは大方いらない。レストラン等での精算する際、例えば代金が920円で1000円札と20円を渡して、100円のおつりを貰おうとすると算数教育の差なのか混乱させてしまうことが多かった。
 フィンランドについて知っていたのは、ムーミンとサウナとキシリトールガム。結局、山小屋風のサウナは入れなかったが、船の中で日本と同じ形式のサウナに入る。石にがんがん水をかけるのがむこう流らしい。日本だと怒られてしまうが…。シリアラインの船はタイタニック号のように広く、カジノ、ブティク、レストラン、ジャグジー、サウナなどの設備が揃っている。有名なレストラン「マキシム」でロブスター等のシーフードを食べる。誰かの披露宴以来で感動した。
 スウェーデン

王宮にて

王宮にて

ガムラ・スタン(旧市外)

ドロットニング宮殿

市町舎のレストラン前

レストラン内部
人口・879万人/面積45万Ku/日本との時差8時間
 8月11日(土)ストックホルム、20世紀の名建築といわれる市町舎、中世の面影を残すガムラスタン旧市街、王室居城のドロットニングホルム宮殿を訪れる。夕食は、白川英樹氏が2000年ノーベル賞を受賞時の晩餐会のメニューと同じ物を食す。
《オヒョウのテリーヌ、ザリガニとホタテのマリネ、サラダ、鴨のローストレモン風味グレンビーソース添え、マッシュポテトと季節の野菜のソテー付け合せ、バニラと苔桃のシャーベット、シャンパン、赤ワイン》


 北欧は福祉国家ということでよっぽどの贅沢を望まなければ、生涯安定した生活が万人に保障されている。その分、税は高い。食料品はまあまあだが、たばこは600円ぐらい、中生ビールが800円ぐらいだった消費税が明白な目的税として実感できるところはさすがだと思った。
 ノルウェー

グリークの像

ソグネフィヨルド
人口・431万人/面積・32万4000Ku/日本との時差8時間
 8月12日(日)ストックホルムから、オスロ、そしてベルゲンへ
本日は飛行機の乗り継ぎで大移動。
 8月13日(月)作曲家グリークの家へ。
 8月14日(火)ベルゲンからミルダールへ。
フロム鉄道に乗ってフロムへ。ソグネフィヨルド遊覧。全長200km、水深1200m.を超える世界最大のフィヨルド。


 
トロルはノルウェーのマスコット。土産物店で人形が売られているがかわいいとはいえない。今は北欧の人は大柄で190cm位の人はざらなのに、大作曲家グリークは小柄。お墓は、敷地内の崖をくり貫いた壁面にあり、珍しい。湖や森の広がる景色を車窓から眺められるフロム鉄道は、スイスの登山鉄道を彷彿とさせられる。ソグネフィヨルドは、昔、社会科の勉強で知っていたものの、その断崖絶壁は生で見ると圧巻でした。船に乗っている他の観光客は、かもめに餌をやることに夢中で景色を見るよりもひたすらパンを空に向かって投げていました。夕食は、街中に出て買うことにした。町のいたるところにセブンイレブンがあり、どこが違うか入ってみた。さすがにおでんや肉まんはおいていなかったが、自分でトッピングができるホットドッグの肉の長さが半端でなくおいしそうなので買った。他の店でクレープの生地の中にエビや野菜を自由にトッピングして巻いたものを買った。他の方々は、中華レストランに入ったが、高く・遅く・まずいと三拍子揃ってがっくりしていた。 

ポニーに乗って氷河へ

ブリスクダール氷河

ブリスクダ―ル氷河

ダルスニッパ展望台

ダルスニッパ展望台
 8月15日(木)フリスクダール氷河観光ーヘルシルトーガイランゲルフィヨルド―ガイランゲル

 フィヨルドの見えるホテルの一室から外を眺めていると、遠くの波間に背びれのようなものが見えた。レストランのスタッフの話によると小型の鯨でした。3人で1台のフィヨルポニーの引く馬車にゆられること30分。ブリスクダ―ル氷河に到着。氷河の色はコンポーズブルー、微生物の死骸の色である。氷河の溶け水を「オルデン」というミネラルウォターとして売っている。冷えているとおいしいが常温だと臭みがあった。ダルスニッパの頂上は海抜1500メートル。夕食はビュッフェ形式で。「いっぱい取りすぎたわ。」とアメリカ人観光客が笑いながら話しかけてきた。英語が通じようが通じまいが、陽気に話しかけてくるのがアメリカ人。食べる量も半端ではない。トナカイのローストがあるコーナーに行き話の種に食べる。へら鹿はレバーのような臭みがあったが、まあまあいけた。

スターブ式教会

オスロの夜
8月16日(金)ガイランゲル―ロム―リレハンメル―オスロ

 ロム村に立ち寄りスターブ式の教会を見た。こちらの教会は木造でこじんまりしていた。
 ペールギュントゆかりの地、ヴィンストラで昼食をとる。ローストポークにジャムがのっている。ミスマッチかと思いきやいける味であった。ハンバーグにパイナップルがのっているようなものだ。向こう側にノルウェー人の老人の団体が座っていたが、アジアの人間が珍しいのか目線を感じた。ヨーロッパの田舎町に行くとそういうことがよくあった。食事のマナーはすばらしい?スープを飲むと「ズズズッ」、肉を切ると「カッキンコッキン」と賑やかであった。日本人もさほど気にすることもないなと思った。
 以前、冬季オリンピックが行われたリレハンメルへ行った。スキージャンプ台まで、リフトで登ると素晴らしい眺めが。男女の学生ジャンパーが練習をしていて、飛んでは点になって消えて行く。跳ぶ姿は華麗だ。実際に上から見ると、足がすくむような急勾配。オリンピックのポスターをもらって、オスロに向かう。山から里へ景色がどんどん変わる。オリンピック会場地区を抜けオスロに近づくにしたがって天候が悪くなってきた。街燈も消え、稲妻が光りどうなることやら。ホテルに到着する頃には雨もおさまった。

ヴァイキング船博物館

フログネル公園

フログネル公園
モニュメント

市庁舎
(ノーベル平和賞受賞会場)

国立美術館館
ムンクの『叫び』の前で

コペンハーゲンの夜の町を散策
ビールで乾杯

ギネスワールドの前で
世界一背の高い人の像

コペンハーゲンの夜の町で
買い食いをする

チボリ公園

8月17日(金) オスロ―フログネル公園―ヴァイキング船博物館―ムンクの「叫び」で有名な国立博物館―コペンハーゲンへ

 ヴァイキング船博物館では黒塗りの船や海賊が使用していた道具が展示してあった。ヴィーラゲンの大彫刻のあるフログネル公園を通り抜けて観光。有名な「地団駄を踏む子どもの像」があった。市庁舎の広間はノーベル平和賞のみ受賞式が行われる。国立美術館ではかの有名なムンクの「叫び」が展示されていた。他の作家はあまり知られていない。昼食は、雑居ビルの地下に入ってみた。ファーストフードのような感じで、和洋中の店があり注文して受け取り空いているテーブルにつく。ジャパニーズラーメンが合ったが、焼そばだったので、パエリアを頼んだ。 北欧料理は主食のゆでジャガイモとマス・サーモンの料理が多く、少し変化がほしくなってきたところだった。
 デンマーク
午後、一路コペンハーゲンへ。川の船着場の横でビールを飲んだ。ビアガーデンと趣が違いおいしくいただけた。大道芸人を見る人だかりを横目で見ながら、散策をした。ギネスワールドの中には入らなかったが入口に大男の像が立っていた。ちなみに私の身長が175センチだから世界一のノッポさんはいかに大きいかがわかるでしょう。夕食は買い食いをして楽しむことにした。中華料理店の店頭で、チャイニーズBOXを売っていた。チャーハン・焼そば・春巻き等数種類のお惣菜から3品選んで箱一杯に入れてくれる。日本円で400円前後。全部いれてと言うとにらまれた。疲れているのか愛想の悪いお兄さんでしたが、おいしかった。その後、街角にあるホットドッグのお店でまた買い食い。お店で食べるのもよいが、外国に行ったら買い食いの味がまたたまらない。腹ごなしに、花火の上がっているチボリ公園に入る。北欧で有名なグループのコンサートがあるのですごい人だかりだった。演奏を聞いたが日本では聞き覚えがなかったのでジェットコースターに乗ることにした。浅草の花やしきのと変わらずがっかりした。

アマリエンボー宮殿

人魚姫の像の前で

中世の修道院を改装して作ったレストラン
8月18日(土) 王室の居城アマリエンボー宮殿―港町ニューハウン―人魚姫の像―クリスチャンボー宮殿

アマリエンボー宮殿では、ちょうど衛兵の交替式を見ることができた。英国のとは比ではないが、兵士の後をまねをして同じように行進してもおとがめがなかったところが面白かった。コペンハーゲンといえば人魚姫の像、見れてよかった。昼食は名物のスモ―ブロー(オーブンサンド)。パンの上に昨晩の残りのおかずを乗せて食べたことが始まりらしい。こぼれんばかりの海老が乗りボリュ―ム満点。種類もたくさんあるみたいでもっと早く食べたかったなー。腹ごなしに400段の階段があるという救世主教会にいってみた。狭い階段を上っている間は良かったが、塔の上部になると外に出て螺旋状にまた上へ登る。だが高所恐怖症のため足が言うことを利かず、後ずさりして退散。すれ違いざま外人に笑われた。夜はローゼンボー宮殿の近くのレストランへ。ローソクの明かりだけの室内。中世の時代はこんな雰囲気で食べていたのだねー。

クロンボー城正面

クロンボー城背面

クロンボー城内部
8月19日(日) クロンボー城―フレデリクス城―空路日本へ

 世界遺産に登録された城。シェークスピアの「ハムレット」の舞台になったお城へ。北欧でお城らしきものを見たのはここが初めてであった。北欧とも今日でお別れ。涼しく避暑地に来た気分であった。夏はよいが冬は厳しいのだろうなぁ。オーロラの見れる時期にノルウエーにまたいってみたいと思った。スーパーの魚売り場で、さばやサーモンを見ると懐かしく思う。

旅倶楽部index