チェコ共和国・プラハの旅
【基礎知識】
●チェコ共和国の首都プラハ。人口約1030万人、プラハは117万人。
通貨と両替
 外貨交換レイト-1コルナ/約4円。コルナはチェコにいる間に使い切るのが良い。5〜8千円両替すれば、食事付きのツアーならば、飲み物代やお土産を買うのにも充分。トラベラーズチェックはほとんど使用できない。空港、ホテル、銀行で両替、円でOK。
日本からの入国
 日本からプラハへの直行便がないので、ヨーロッパ周辺都市から乗り継ぐのが主な方法。今回は成田からオーストリアのウィーンまで12時間20分。そして、乗り継ぎプラハのルズィニュ国際空港まで50分で到着。
時差と気候
 約8時間。夏場は日差しが強く湿気もあるので、イタリアやスペインと違い汗をかく。夜は比較的涼しくなる。地球温暖化現象の影響で春、秋が短くなってきている。6月に最高気温38度。7月で平均34度あった。
トイレ
 20円から40円の有料トイレが多いので、土産物店、ホテル、レストランで済ますのが良い。

 体調が悪くなければ飲める。ミネラルウォーターを買うのが無難。ただ自動販売機やコンビニが無く、軽食を扱う売店で買うとかなり割高。
買う
 ボヘミアングラス・ガーネット…。
その他
・チェコは教育水準が高く、昔から文盲率が低いことで知られている。
・プラハ市民は日本人がサッカーや野球の観戦に行くような感覚でコンサートに行く。さすが芸術の都!
・ビールの種類が豊富で、それぞれ味が違う。バドワイザーの発祥地も南ボヘミア地方にあり、「ブドバル」という名称で有名。プラハで人気は「ラレガスト」、「ガンブリノス」。

1

2

3

4
 到着ロビーで真っ先に目にするのは天井から吊るされた飛行機(1)。日本の地方都市の空港のような規模だが綺麗。空港は市街にあるので中心部まではバスやタクシーを使うのが普通。非公認のタクシーには要注意。
 最初の観光は【ストラホフ修道院】(2)。その図書館(3)で17世紀のバロックの神学の間、18世紀のバロックの間を見る。裏道に出ると、プラハの街が一望出来た。 

5

6

7

8
 ロレッタ教会や外務省のある【ロレッタ広場】(5)を通り【プラハ城】へ。正面入口では丁度衛兵の交代式(6)が行われていた。14世紀、カレル4世により改築され現在に至る。第一、第二、第三の庭に入るとプラハ最大の100mもある塔をもつ【聖ビート教会】があり、その内部にミューシャのステンドグラス(7)がある。
 1500年頃、中央ヨーロッパ最大だった旧王宮の【ウラジフホール】のテラスから見た眺め(8)。カレル橋が遠くに見える。

9

10

11

12
 プラハ城内の中世の雰囲気が残る【黄金の小路】(9)、錬金術師の家が軒を連ねていたためにこの名が付いた。左側の水色の家が【作家カフカ】が下宿していたところ。小路には小さな色々な店があり、小ぶりのボヘミアン・グラス(10)を専門に売る店もあった。
 プラハ城からカレル橋に向かう坂道(11)。カレル橋の下の広場。左上にカレル橋がある。

13

14

15

16
 【カレル橋】から見た景色(13)、(14)。15世紀初頭、カレル4世により約60年かけ建造された516mもある橋。ザビエル像、触ると良いことがあるというネポムク像等30体の聖像が所々に立つ。現在は、歩行者天国となっており、大道芸人やお土産物店、似顔絵書き等の露店が並ぶ。
 【クネードリキ】(15)チェコでは肉料理が中心だが、付け合せとして出るのがこれ。筒状に練った小麦粉を蒸し、厚くスライスした主食。じゃがいものような味のクネードリキと味付けの濃いポークの煮込みとほうれん草。ペースト状になりかけているほうれん草は不思議な味。デザートにはドーナツとかパンケーキがつくことが多い。大食いでないと全部食べられない。
 11世紀頃から商いの中心として栄えた旧市街広場、その広場の焦点となっているのが1410年に建てられた【旧市庁舎の天文時計】(16)。正時になると脇に立つ死神が鐘を打ち、12使徒が次々と顔を出すからくり時計。

17

18

19

20
 チェコと言えばビール。ビールと言えばホップ。車窓から見たホップ畑(17)。
 ゴージャスな雰囲気漂う温泉地カルロビバリの温泉煎餅の露店(18)。カルロビバリは温泉療養の町として知られ、源泉を汲み取る場所=コロナーダで温泉を飲むことが出来る。温泉を飲むための磁器製の容器(19)はお土産としては良いが買っても飾りとしてしか使い道がなさそう。近代的な設備のウジーベルニ・コロナーで温泉を汲む人(20)。美味しくはないが体に効きそう。同建物内にある間欠泉は13mも上がる。

21

22

23

24
 ドボルザーク公園のドボルザークの像の前にてポーズ(21)。
 オーストリア皇妃、エリザーベートも泊まったホテル「プップ」内のレストランにて食事。メインはますの塩焼き、ポテトと玉葱のロースト添え(22)。こちらの料理はやや塩加減が多目。素材の旨味がわかるが、香辛料が加わった複雑な香りや味ではない。
 遠方より買いに来るというクルソヴィッチの地ビールとソーセージ(23)。ビールはイギリスのラガーやクリーミービアと同じくらい旨い。常温でもいける。キレがありビールを好まない女性でも美味しいと絶賛する。値段もロング缶で90円位と嬉しい。ソーセージはチョリソ味でサラミのようなボソボソ感のある食感。チェコの人が舌鼓を打つというがドイツの白ソーセージの方が旨い。
 夜は有名人が訪れるというレストラン「ベルビュー」で食事。日本の有名人と言えば田中真紀子さんもここで食べたそうだ。前菜のラムのカルパッチョ最高!ほうれん草のクリームスープは未知との遭遇だが旨い。メインのすずきのマスタードソース(24)。これはフランス料理だね。デザートはチョコレート菓子。もう、食べられない。

25

26

27

28
 世界遺産チェスキー・クロムロフはモルダウ川に抱かれた古都。プラハ城に次ぐ規模の【クロムロフ城】(25)。レンガや彫刻があるように見えるが全て手書きによるもの。トリックアートです。13世紀後半に創建され、14世紀のはじめにロジェムベルク家の手に渡り、ルドルフ2世、エッテンベルク家、18世紀よりシュワルツエンベルク家の所有となる。
 クロムロフ城内からの眺め(26)、(27)。中世の面影が色濃く残り素晴らしい街並み。
 鱈のロースト、玉葱とベークドポテト添え(28)。

 チェコの歴史的なこととして、ハプスブルク家の統治、ドイツによる占領、プラハの春事件など、幾多の史実を抱えながら1993年より現在のチェコとなったことは知っていた。それ以外のことは知らないことが多く、事前に調べてから行った方がチェコの魅力が更に理解できたかなと思った。首都プラハの町は中世の面影を色濃く残しながらも古さと新しさが交錯しているが、調和のとれた静かな雰囲気がとても印象に残った。

旅倶楽部index