オーストリア共和国・ウィーンの旅
【基礎知識】
●オーストリア共和国(人口約810万人)の首都ウィーン(約160万人)
通貨と両替
 外貨交換レイト-1ユーロ/約135円。円よりも強く、買い物をすると物価が高いような気がする。空港、ホテル、銀行で両替、円でOK。余っても次回、ヨーロッパに行く時のためにとっておける。
日本からの入国
 日本からの直行便。成田からオーストリアのウィーンまで12時間20分。
時差と気候
 約8時間。3月〜10月までのサマータイムの期間は7時間。オーストリアの緯度はサハリン南部に相当する。平均気温は北海道、青森に近い。ベストシーズンは4月から10月。冬でも観光には支障が無い。

 オーストリアの水道水は飲料水としても適している。冷たい水を飲みたい時はミネラルウォーターを買う。炭酸入りが多く、ノンガスはやや高い。
買う
 モーツアルトの肖像画が描かれたモーツアルトクーゲルンのチョコレート。陶磁器アウガルテン。ゴブラン織り刺繍。クリスタルガラス等。
その他
・ザッハトルテで有名なカフェザッハ(1810年創業)、現ホテルザッハのトルテはあまり美味しくないと言う噂。でも、記念にという人はどうぞここで。
・クリムトの絵を見るなら、「ベルヴェデーレ宮殿の上宮」に多く展示されている。エゴンシーレの絵を見るなら「レオポルト・ミュージアム」。色々見て回れない時は「美術史博物館」がお薦め。ブリューゲル、レンブラント、フェルメール等のコレクションは他に類を見ない。

1

2

3

4
 グランドホテルの地下にあったスーパー(1)、(2)。果物、パン、肉類等が豊富。サンドイッチやサラダも種類が多いので、高いレストランに入らなくてもお昼ならここで買って済ますのも良い。

 【シエーンブルン宮殿】(3)ハプスブルク家の離宮。約1500部屋の内39室が公開されている。幼いモーツアルトがマリー・アントワネットに求婚したという逸話のある部屋や6歳のモーツアルトがマリア・テレジアやマリー・アントワネットの前で演奏した鏡の間がある。

 【 グロリエッテ 】(4)宮殿の広大な敷地の中央にある小高い丘に、ギリシア風神殿が立つ。テレジアがプロイセン戦勝利を祝い戦没者慰霊の意を込めて創建した。かつて女帝が好んで朝食をとった場所が、今はカフェになっている。ここからウィーンの街並みが見下ろせる。

5

6

7

8
 【ベルヴェデーレ宮殿】(5)、(6) 17世紀、オスマン・トルコ軍を撃退し、大勝利を治めたオイゲン公の宮殿。ベルヴェデーレとはイタリア語で「美しい眺め」という意味。上宮と下宮から成り、上宮はクリムトやシーレの作品を所蔵。下宮は中世博物館。シンメトリー(左右対称)を特徴とするバロック様式の【庭園】(7)にはスフィンクスなどの美しい彫像が配置されている。ここからの眺めは当時とほとんど変わらないという。

 名物のウイナー・シュニッツエル(ウイーン風カツレツ)を食べることができなかったので、売店(8)でカツレツサンドとその場で焼いたソーセージのホットドックを買って食べた。

9

10

11

12
 【アウグスティナー教会】(9)ハプスブルグ家の人々がここで結婚式をあげた。心の納骨堂には、故人の心臓が入れられた銀製の壺が安置されている。これはハプスブルク家の慣わしで、内臓はシュテファン寺院、墓所はカプツィナー教会と分散して管理されている。
 (10)はホーフブルグ(王宮)周辺の路地にあった教会で、ウイーン少年合唱団がここで良く歌うそうだ。
 【美術史博物館(KHM)】(11) ハプスブルグ家の美術品を収蔵するために21年の歳月がかけられ建てられた。ルネッサンスに始まり、18世紀を代表するロココ絵画が作者別に展示されている。ブリューゲル、レンブラント、フェルメール等のコレクションは他に類を見ない。建物は3つのフロアからなり、展示は5部門に分けられ見ごたえは充分。入口を入って最初の踊り場にある彫像(12)。ここの美術館だけは、荷物を持っていても入場が許される。他の美術館は荷物をロッカーに有料で預けなければならない。

13

14

15

16
 初期ネーデルランド絵画といえば、ピーター・ブリューゲル。門外不出の作品、「バベルの塔」(13)、「農民の婚礼」(14)、「雪中の狩人」等の最高傑作があった。日本では見られないだろう。他にルーベンス、ヴァン・エイク、ヒエロムス・ボッシュ等著名な画家の作品が並ぶ。他のフロアではイタリア絵画やオランダ絵画、古代エジプト、オリエントコレクション(15)があり、見ごたえ充分。名画の横で模写をしている人もいた。
 美術史博物館より西に5分位いったところにあるのが、2001年9月にOpenした【ミュージアム・クォーター・ウィーン】という複合美術館。いくつもの美術館、博物館、ホール等が並んでいる。名画から現代美術まで楽しめる。その中の一つの美術館【レオポルト・ミュージアム】は世界最大規模のエゴン・シーレに加え、クリムトやココシュカ、ゲルストといったウィーン世紀末のアートを代表する画家の作品が充実している。

17

18

19

20
 音楽の都と言われているだけあって、音大の学生であろう人たちが、大道芸人に混じって演奏していた(17)。
 街中に数件あるカフェ、酪農の国オーストリアだけあって生クリームやチーズ、フルーツや木の実がたくさん入ったケーキがおいしいコーヒーといっしょに食べられる。どの店もさほど味には差が無い。甘さ控えめで種類が多いので女性にとってはたまらないであろう。
 写真(18)はザッハートルテとメランジェ。メランジェとはイタリアのカプチーノと同じでコーヒーと温めたミルクを同量入れたもの。ウィーンを代表するチョコレートトルテには、「ザッハー」の作るトルテと、「デーメル」の作るトルテのどちらもザッハートルテと呼ばれている。どちらが正統か裁判をやったぐらいだが、どちらもザッハーを名乗って良いという結果になったみたいだ。
 写真(19)は日本でもお馴染み「ウインナーコーヒー」。こちらでは「アインシュベンナー」と言う。ホイップクリームを入れ粉砂糖を振って、持ち手の付いたグラススタイルで出てくる。店に入り「グリュース・ゴット」と一言挨拶をしてテーブルにつく。ウェイターなら「ヘル・オーバー」、ウェイトレスなら「フロイライン」と言って声をかけ注文する。支払いは「ツァーレン・ビッテ」と言うと明細書をもって来る。280円だったらチップを含めて300円支払う。店を出る時「アウフヴィターゼーン」と挨拶して出る。これを全部言ったのでとても疲れた。
 写真(20)はこちらのファーストフード。種類が多く迷う。ロブスター入りのサラダは2500円位したので買わなかったが、その他はそこそこの値段。フレンチポテトはドンブリ一杯以上あり、途中で食べるのに飽きた。

 帰国後、ウィーンが舞台の「第三の男」の映画を見た。時代が変わっているので景色は違うが、観覧車だけが象徴的に印象に残る。言葉には表せないが魅惑的な街だ。カフェでコーヒーを飲みながら、通り過ぎる人を見て時間をつぶすことがなぜか優雅に感じた。

旅倶楽部index