アトリエあーとしん
アトリエあーとしん>装丁家・中村重義
装丁家・製本士 中村重義
中村英夫の父、愼一の祖父にあたる中村重義の現存する作品の一部を紹介します。

■中村重義について
 歴史小説「徳川家康」で知られる作家の『山岡荘八』氏から、製本、装丁に関わる機材を譲り受ける。現・八丁堀駅近くの東京都中央区入船で製本会社を設立。
 『坪内逍遥』、『横光利一』、『江戸川乱歩』等の装丁・製本を手がける。竹の子の皮や布、原稿を埋め込んだ装丁など数多くの作家を唸らせ、「日本一の装丁家」と言わせしめた。接着剤の不足の折りには、ムカデを使うなど工夫をしていた。
 戦争で、入船を離れ、神奈川県の茅ヶ崎や平塚、鎌倉に住む。戦後は、製本・装丁の仕事は再開しなかった。
 入船在住時代には書物研究家・書物展望社『齋藤昌三』氏(中村英夫の名付け親)、夏がくれば思い出す…の「夏の思い出」、「花の街」、「花のまわりで」などで知られる作詞家『江間章子』女史とも交友関係があった。茅ヶ崎在住時代に交友関係があったプロレスラーの『力道山』は訪れる度に、ビールをワンケース、空にして帰っていったという。
■作品集(全て手仕事・初版本や限定本など)
武井武雄「地上の祭」
武井武雄『地上の祭り』 製本@中村重義

花花・横光利一
横光利一著「花花」

「成簣堂閑記」徳富蘇峯著
徳富蘇峯著「成簣堂閑記」

「閑談の閑談」吉野作造著
吉野作造著「閑談の閑談」

「退読書歴」柳田國男著・書物展望社
柳田國男著「退読書歴」・書物展望社

「讀書放浪」魯庵随筆・書物展望社
魯庵随筆「讀書放浪」・書物展望社

「紙魚繁昌記」魯庵髄筆
魯庵髄筆「紙魚繁昌記」

「野客漫言」馬場孤蝶著・書物展望社
馬場孤蝶著「野客漫言」・書物展望社
アトリエあーとしん>装丁家・中村重義