◆根津・谷中・日暮里 編

 根津・千駄木は森鴎外や宮本百合子等文豪のゆかりの地であり、路地裏には大正や昭和初期の建物が立ち下町情緒にひたることができる。

 谷中・日暮里は上野台地と本郷台地に挟まれた場所で坂道が多い。江戸時代から多くの寺院が集まり、門前町として栄えてきた。

 江戸時代の歴史が刻まれた古寺と風情のある坂道を散策してみた。
 
 三浦坂の途中に猫専門の雑貨屋「ねんねこ家」(台東区谷中2-1-4)がある。週末だけ開放するという。5匹のなま猫を相手に喫茶を楽しむこともできる。肉球白玉ぜんざい・猫足クッキー等ユニーク。
B 「大名時計博物館」陶芸家の上口愚朗氏がコレクションした櫓時計・日時計・台時計・印篭時計等を展示している。大名のお抱えの時計師が造った時計で珍しいものばかり。万歩計もある。
 途中寄った蕎麦屋「三里」(文京区千駄木2-33-9)炊き込み御飯つきの昼メニューは700円。
D 「菊見煎餅本店」120年の歴史をもつ老舗。手焼きせんべいは、醤油・唐辛子・砂糖・お茶の4種類があり、一枚より買える。
E 「いせ辰」江戸小物の店。デパートにも出店している。千代紙、手ぬぐい等見ていると欲しくなるものばかり。
F 「全生庵」三崎坂の途中にあるお寺。境内には「三遊亭圓朝」、作曲家「弘田龍太郎」、「山岡鐡舟」の墓がある。
G 「谷中霊園」広大な敷地の都営霊園。その広さは約10万u。徳川慶喜をはじめ著名人の墓があることで知られている。
H.I.J 「朝倉彫塑館」(月・金休館/9:30〜16:30)日暮里駅から徒歩3分。彫刻家・朝倉文夫のアトリエや住居を展示室にした美術館。代表作「墓守」、「進化」を始め、20匹位飼っていた猫の彫刻等約50点を展示している。作品も見事ながら、アトリエや湧水を利用した中庭(I)、谷中一帯を眺められる屋上(J)は素晴らしい。ユニークな造園様式は必見の価値あり。
K 「羽二重団子」(火曜休)日暮里駅より徒歩3分。文政2年(1819)創業。夏目漱石の「我輩は猫である」の中にも出てくる。
L 「ねぎし三平堂」(水・土・日開館/11〜17時/600円)鶯谷駅から徒歩5分。落語家の名門に生まれながら、古典落語の殻を破り、新たな話芸の分野を確立する林家三平。昭和の爆笑王として日本中に笑いの旋風を巻き起こした。寄席だけにとどまらずあらゆるメディアに進出した。こぶ平は長男。自宅の3階部分が堂内となっており、懐かしい映像や音声が聞け、ギャグが詰まったネタ帳の他愛用品が展示されている。

1.2散歩index