◆皇居周辺 編

●皇居一周(2時間15分・約8km)
 徳川家康が入城してから幕末に至るまで、将軍の居城として歴史を刻んできた。
 永年東京に住んでいて、お濠の周りを車で通り過ぎることはあっても中に入ることはなかった。江戸の面影を残す石垣やお濠、広々とした庭園を歩くと何故か気持ちが癒される。ヨーロッパの宮殿以上の広大さと美しさを感じた。
 旧本丸、二の丸、三の丸、北の丸公園が一般公開されている。
 丸の内線東京駅の改札口を出て、皇居前広場方面に向かうと丸ビルの連絡通路に出た。今注目度上昇中のリニューアルした丸ビル(写真左は1F・右は35F)。飲食店だけで40店舗以上、ショッピングの店舗が100軒近く入っている。35、36Fのレストラン街の各お店は、和洋中色々あるがコーヒー1000円〜、ランチセット8000円〜と○○記念日とかデートで見栄をはる時以外は入れない高級店ばかり。
@ABC
 丸ビルより和田倉門@へ歩き、皇居外苑へ行く。ここは皇居前広場ということで観光客が多い。西へ進むと二重橋前に着く。皇居の入口にある均整のとれた石橋A(地図@)は、皇居を紹介する数々の写真でも有名で観光の名所でもある。さらに進み、桜田門を渡る。お濠沿いに歩くと左手に国会議事堂が見える。
@ABC
 更に進むと左手にコンクリートの要塞のような最高裁判所@、隣に国立劇場Aが見える。半蔵門を通り越し、内堀通りを歩くと千鳥ヶ淵戦没者墓地B(地図A)。本土で犠牲になられた人の数の比ではない戦地での戦没者数に愕然として胸が痛む。千鳥ヶ淵緑道を通り、右手に見える千鳥ヶ淵の景色は美しい。
@ABC
しばらく行くと靖国通りに出て、道路の向う側に靖国神社@の広い敷地が横に続く。首相の公式参拝問題が議論されているが…。田安門の木造の重厚な門をくぐると左手に日本武道館Aが見える。昔、剣道の寒稽古で行ったことがあったが変わっていない。今日は柔道選手権が行われていた。遊歩道を進むと左手に科学技術館B。陸橋を渡り、北詰橋門Cで発券所で札をもらう。16時閉門だが、15時30分には入園できないので要注意。
@ABC
皇居東御苑に入ると正面に天守台@(地図B)が見える。慶長12年(1607)に完成したかっての天守閣は地上51m、5層の造りで、日本最大といわれる。天守台に上ると大手町ビル群が眺められるA。天守台の南側に芝生の広場があるが本丸御殿B(地図C)があったところだ。その一角に浅野内匠頭と吉良上野介の刀傷事件が起きた松之大廊下跡C(地図D)がある。
@AB
清々しい木々の緑の中を通っていくと江戸時代の面影を残す富士見櫓@(地図E)がある。天守閣が焼失した後、将軍はここから江戸の花火を見学していたそうだ。ここから二の丸庭園A(地図F)へと向かう。3代将軍家光が寛永7年(1630)に小堀遠州に造らせた庭園で、回遊庭園として復元されており、季節の花が咲き乱れる。東御苑を出て下ると旧百人番所Bがある。甲賀や伊賀組の他百人の役人がここに詰めていた場所。大手門を出て東京駅に戻る。

1.2散歩index