◆ 亀戸/錦糸町/両国編


 今回の散歩は、JR総武線亀戸駅から、錦糸町を経由して両国駅までということで所要時間4時間歩いた。
 亀戸駅から徒歩2分ほどのところに長蛇の列が…。知る人ぞ知る亀戸餃子。お酒と餃子しかない。一皿250円、1人2皿より。あっさりとした野菜中心の餃子。賑わう店内の雰囲気は楽しい。
 亀戸は昔々、その昔「亀ノ島」と言って、海に囲まれた島であったそうな。駅前から続く明治通を直進すると蔵前橋通に出る。その角に「但元入り豆本店」(写真左)がある。豆菓子が一合160円より買える。店の頭上に鳩がたくさんいて要注意。鳩が何か落としたよ。フーン。
 亀戸天神社を通り越した先に「元祖葛もち船橋屋」がある。
 「通りゃんせ」の歌で知られる亀戸天神社。学問の神様藤原道真を祭る神社で、見事な藤棚でも知られている。
 昔の江戸の生活から東京への歴史的転換を身近に実感できる「江戸東京博物館」(写真左)。
 写真右は、ご存知国技館。
 江戸東京博物館の北側に横綱町公園がある。(写真左)の建物には、関東大震災に関する資料が展示され、同敷地内には第二次世界大戦における空襲による犠牲者を慰霊する東京都慰霊堂がある。
 旧安田庭園(写真右)は徳川氏譜代大名だった本庄家の屋敷跡。緑の木々が池を囲む見事な庭園。
 両国駅から南に行くと京葉道路に出る。向いに回向院がある。勧進相撲が開かれた相撲の発祥の地であり、動物の供養の寺としても有名。(写真左)はねずみ小僧中村次郎(良)吉の墓。竹本義太夫の墓もあった。
 回向院を東南の方向行くと、忠臣蔵で有名な吉良上野介の屋敷のほんの一部が、松坂町公園となって残っていた。(写真右)


◆相撲部屋−左上より右に、
時津風・立浪・陸奥・春日野・
井筒・出羽海・大島・二所ノ関・
九重・高砂部屋
(足袋資料館より)右端より双葉山、小錦、舞の海、曙、とんで左端は足袋職人の店主の24.5センチの足袋。

1.2散歩index