◆北鎌倉・鎌倉編

古都鎌倉は、私にとって思い出深い地である。祖父が住んでいたこともあり、夏は由比ガ浜や稲村ガ崎で泳ぎ、年始は鎌倉で過ごした。自然が多く、歴史に思いをはせながら歩くにはとても良い場所で、何度来ても飽きることはない。鎌倉のおもな名所・旧跡をめぐるには、路線バス・定期観光バスがあるが、歩いて回る方がいつも新たな発見があり楽しさも増す。
【円覚寺】
 北鎌倉駅を降りると左手に木立に囲まれた円覚寺の総門がある。臨済宗円覚寺派総本山。鎌倉五山第二位の寺格をもつ。開基は鎌倉幕府第8代執権北条時宗。開山は宋の無学祖元。寺名は、1277年(建治3年)寺院を建立する工事の際に土の中から円覚経を納めた石櫃が出てきたことに由来する。料金200円
【北鎌倉駅周辺の食事処】

「鎌倉 笹の葉」
鎌倉市山の内499 第三月曜定休 北鎌倉駅徒歩3分
11:30〜16:00(それ以降、要予約)
鎌倉街道から路地を入った北鎌倉駅線路沿いにあり、一見古びた民家。「衣食同源」をコンセプトにした「食」へのこだわりを持つ店。玄米ごはんや豆腐料理、厳選した食材を使い、自然食を堪能できる。趣のある器も素敵だ。
 玄米菜食膳(竹)1300円、(松)2000円、小鉢膳(竹)1300円、(松)2000円他

写真は玄米菜食膳(松)
【明月院通り】
 円覚寺から踏み切りを渡らず、鎌倉方面に歩くと左折する道がある。まず、目に付いたのが喫茶「鎌倉明月」。昼ともなればどの店も行列を覚悟しなければならない。比較的空いていそうで風情のある趣に惹かれた。庭を通って奥に民家風の店がある。店内に入ると客席に大きな猫が寝ていた。客が来るとしぶしぶ立ちのいて、帰るとまたその上に乗る。うーん招き猫だ。けんちん蕎麦800円を頼む(写真左)陶器の器でいただく蕎麦の味はまた格別。
 店を出て明月院に向かう途中右側に土鈴を売る「商い山本」(右)があった。色々なスタイルの招き猫が並ぶ。600円〜。また、蕨粉で作られた蕨餅も売っていた(小700円・大1000円)。
【明月院】
「紫陽花(あじさい)寺の別名があるように、梅雨の季節になると、境内は数千株のあじさいの花で埋まる。臨済宗。開基は関東管領上杉憲方、開山は密室守厳。寺名は、上杉憲方の法号。境内には、紫陽殿(本堂・写真左)、枯山水庭園(右)、明月院やぐら、鎌倉十井のひとつ瓶の井、北条時頼廊などがある。竹林も見事であった。
【浄智寺】
鎌倉五山の第4位の禅刹。山門前に鎌倉十井の一つ甘露ノ井がある。風情のある階段を上がっていくと、唐様の山門がある。入場料150円。左手に市天然記念物のビャクシン、タチヒガンがある。右手には曇華殿にあり、そこに安置された本尊の三世仏座像は室町期の作。右手奥に進んでいくと江ノ島・鎌倉七福神の一つ布袋尊の石像がある。
【建長寺】
鎌倉五山の第1位。臨済宗建長寺派大本山。北条時頼が宋から高僧蘭渓道隆を招いて1253年(建長5)に創建。日本で最初の禅寺。別名「巨福門」とよばれる総門をくぐり、史跡に指定されている境内に入ると梵鐘、後深草天皇の宸筆の額を掲げた山門、仏殿、方丈(龍王殿)、夢窓国師作の心字池、半僧坊がある。料金300円
【鶴岡八幡宮】
鶴岡八幡宮は、源頼朝が幕府を開いて以来の鎌倉のシンボル。1063年(庚平6年)に源頼朝の先祖である源頼義が山城国(京都府)の岩清水八幡宮を勧請して祀った元八幡(材木座)が始まりといわれる。その後1180年(治承4年)、源頼朝が鎌倉に入った時、現在地に移した。正月の初詣は全国でも3指のうちに数えられるほどの人手で賑わう。

点心花弁当
【小町通り】
「心々庵」
鎌倉市小町2-8-16(年中無休) 11:30〜18:00
JR横須賀線鎌倉駅徒歩6分

 小町通を鶴岡八幡宮方面へしばらく歩くと、左手に教会がある。そこで右折すると数件目に看板が見える。店は衣料雑貨等の店舗の奥にあるので分かりにくい。
 店内は茶室風のつくりで8畳一間に14席というこじんまりとした空間。地元で朝採れた野菜を使った京風懐石の弁当が2種類。漆器の重ね器で出され、鮮やかな季節の花が添えられている。手作りで美味しい料理が、眼と舌の両方で楽しめる。
点心花弁当(胡麻豆腐付き)1800円、花弁当1500円
【由比ガ浜大通り】
「麩 帆」
鎌倉市長谷1-7-7(月定休) 由比ガ浜駅より徒歩5分

 青々しい笹の葉に包まれた麩中饅頭。青海苔入りの麩の皮の中に風味豊かな上品な餡子が入っている。皮は柔らかいが独特の食感がある。
 1個170円
【由比ガ浜大通り】
「宮代商店」
 鎌倉駅から高徳院に向かう途中、見つけたのが「宮代商店」。マスコミの取材を受けてから、国道沿いのちょっとした名物になっている。肉屋であるが、色々な種類のコロッケが売られている。注文してから揚げてくれる。価格は100円より。普通のコロッケより衣が厚く固めだが、小腹が減った時にはちょうど良い。写真は「コロッケ3兄弟」。3種類のコロッケが串にささっている。
【高徳院(鎌倉大仏)】

 1712年に再興された浄土宗の寺院。境内に鎮座する有名な「鎌倉大仏」は、高さ13.35m、重さ121トン。正確な名称は大異山高徳院清浄泉寺(だいいざんこうとくいんせいじょうせんじ)の阿弥陀如来坐像。鎌倉時代の代表的な青銅彫刻の傑作である。沙門浄光(しゃもんじょうこう)という僧が庶民から寄付を募って造った庶民のための大仏さまで、建造当初は木像仏だった。また、1495年に大仏殿が海水に流されてから露座になった。500年の風雪に耐えた風貌は緑青に染められ、深い味わいが滲み出ている。
 料金200円
【長谷寺(長谷観音】
鎌倉市長谷3-11-2 江ノ電長谷駅から徒歩5分
料金300円

 養老5年(721)徳道上人が一本の楠の霊木で二体の十一面観音造った。木の本で作った一体は奈良の長谷寺に祀る。木の末で造った尊像は人々を救うことを願って海に流し、天平8年に三浦に流れ着き、ご本尊として鎌倉に移されたという。放正池・妙智池を中心とした庭園が美しい。写真右は弁天窟の入口。長く続く洞窟の壁面には弁財天と十六童子が刻まれている。
【江ノ電】

 民家の路地裏をコトコト走る江ノ電。玄関先が線路の家もある。路地裏を抜けると湘南海岸が視界一杯に広がる。
 鎌倉駅から藤沢駅まで約10km、15駅を34分でつないで走る。明治35年開通で藤沢から片瀬間まで。鎌倉までの開通は明治43年で当時は40駅あった。
【極楽寺】

 江ノ電極楽寺駅の線路脇に茅葺の山門が建っている。鎌倉唯一の真言律宗のお寺。拝観料は無料。開山の忍性は社会福祉の祖とも呼ばれている。飢饉のたびに炊き出しに使ったという井戸が残されている。

1.2散歩index