◆浜離宮・佃島 編

徳川家の庭園と築地、もんじゃ焼きの町月島そして佃島へ約10km、所要時間2時間

新橋駅前より徒歩15分、今までの喧騒とは別天地のような静けさが漂う浜離宮庭園に出る。
寛永年間(1624〜1644)は将軍のお鷹狩場だったところでその後庭園として整備され、徳川将軍家の別邸として「浜御殿」と称された。江戸時代の代表的な大名庭園で、回遊式潮入築山泉水庭園。
入園料300円
 園内に入るとまず最初に目につくのが手の行き届いた松。更に進むと大きな池に出る。この潮入の池(写真1)は海水を導き、潮の満ち干により池の趣きを変えて庭園の風情を楽しむ。池の真中には公家達が眺望を堪能した休憩所の「中島の御茶屋」がある。鴨場(写真3)は鴨猟をする場で昭和19年まで使用されていた。お上がり場(写真4)は将軍が船に乗降する場所。梅林(写真5)花が咲く時期に行くと見事だと思う。三百年の松(写真6)六代将軍家宣が植えたとされる。都内最大級の黒松。
 庭園を出て新大橋通りを歩くと左手に朝日新聞社が見える。右手には中央卸売り場と場外市場からなる築地市場がある。飲食、食料品店(写真7)が400店舗も連なる。買い物は午前中に。鮨やラーメン、和食とおいしいお店がたくさんあるが13:00までには店じまいをしてしまう。鮨屋は例外で数件がやっている。一カン100円前後の店は行列が出来ている。今回入ったのは「八千代」。おまかせにぎり1000円(写真8)はお値打ちもの。セット以外に1カンずつ頼むこともできる。
 腹が満たされたところで、場外市場を出て晴海通りを隅田川方面に歩く。左手にエキゾチックな本堂のある築地本願寺。更に進むと勝鬨橋(写真1)に出る。橋を渡り月島第二小のところを左折すると西仲通り商店街(写真2)に入る。通りにはもんじゃ焼きの店が軒を連ねている。下町らしい面影を残す路地(写真3)に入るとここにもお店が点在する(路地裏の方に老舗がある)。その昔、駄菓子屋で文字焼きといって生地を自分の名前の形にして焼いてくれるものがあったそうだ。それが発展して今のお好み焼き風のものができたのではないのだろうか。(もじ→もんじゃ)万人が「うまいもんじゃ」と言うかどうかはわからないが食べてみる価値はある。
 西仲通りから佃2丁目を左折してしばらく行くと佃小橋(写真4)に出る。近代的な高層ビルの間に残る昔ながらの下町の長屋風景。別世界に来たような錯覚に陥る。路地を歩いていると海上守護の住吉神社(写真6)に出る。大坂(阪)の漁師たちが創始したといわれている。境内には浮世絵師・東洲斎写楽の終焉の地碑がある。
 佃島と言えば佃煮。創業は天保8年(1837)という老舗の天安本店(写真7、8)がある。昔ながらの建物で手作りの味を守っている。佃煮は100g単位で売られており、平均600円前後。しじみとあさりがおいしいが今回はでんぶとあみを買った。温かいご飯の上にかけたり、お茶づけにすると最高に旨い。
 下町情緒を満喫したところで、佃大橋を渡り父の生まれ育った入船を通って銀座へ。途中でキッチャテン(喫茶店)に寄りコーシー(コーヒー)を飲み、電車に乗ってまっつぐ(まっすぐ)家に向かった。

1.2散歩index