◆ 深川(門前仲町/森下)編

 営団東西線・都営大江戸線門前仲町駅から、森下駅までのコース所要時間徒歩4時間。
 都営大江戸線開通のおかげで下町にも気軽にいけるようになり、かつて栄えた隅田川東岸の最大の門前町深川を散策しました。
 
 改札口を抜け地上に出て右側を行くと、新鮮で安くておいしいと評判の居酒屋「魚三」がある(日、祝定休)。その並びにサツマイモを使ったお菓子を専門とした『三咲堂』(写真)がある。大学いも、いもようかん…。お勧めはクレープの皮で巻いたスィートポテト100g250円。ホイップクリームの入ったどら焼きもおいしい。
 深川不動に向かう道沿いは、江戸情緒を漂わせる店構えのお店が立ち並ぶ。焼き団子の「伊勢屋本店」、揚げ饅頭の「宮月堂」、きんつばの「華」、清水甘酒店、京漬物の「近為」など。深川といえば、深川丼。最近は炊き込み御飯が多いが何と言っても元祖はぶっかけ飯。「六衛門」の深川丼1000円とこの界隈では安くておいしい。(1200〜1800円が相場)
 元禄16年(1703)に開創以来、江戸庶民に親しまれてきた深川不動堂(写真左)。内部は4階まであり、自由に見られる。
 江戸三大祭りの中心である深川八幡まつりで有名な富岡八幡宮(写真左)。寛永4年(1627)僧長盛により創建。境内には横綱力士碑、4トンもあろうかという御神輿が見られる。
 江戸時代の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡を岩崎弥太郎が明治11年(1878)に買い取って、全国の銘石を配置した庭園を作った。東京の名勝に指定されている見事な庭園。ここの鯉は70センチ位あって不気味。
 160年前の深川佐賀町を再現した江東区深川江戸資料館。江戸東京博物館に比べ規模は小さいが、実物大の家屋が広がるこの空間は、江戸庶民の生活ぶりを体感できる。
 霊巌寺内、松平定信の墓(写真左)。寺の奥には6地蔵が並ぶ。
 江戸資料館に向かう道沿いのお土産店の名物主人が南京玉簾を披露していた。
 江戸資料館を見た後は、斜め前にあるK‘Sという喫茶店で一服(写真左)。オープンスペースでコーヒーが180円という安さ
 小名木川を渡るとのらくろ―ドに出る。右折して歩くこと3分。森下文化センター内には江戸職人の仕事場や道具の数々を展示する工匠壱番館・弐番館(写真右)がある。
 森下文化センターの1Fにはのらくろの作者田河水泡の展示室がある。作者の名前の由来は本名高見澤⇒TAKAMIZAWA⇒TKAMIZ AWA⇒田河水 泡としたかったところ知人達が皆間違えて田河 水泡と呼ぶのでそのまま使うことにしたそうです。
 写真左は昭和2年にカツレツをヒントに生まれたカレーパンの元祖のお店「カトレア」(清澄通森下駅近く)。売り切れ御免のお店なので18時に行ったらもう無かった。クヤシー。

1.2散歩index