浅草(東京時代祭)編
第17回東京時代まつり行列歴史絵巻
■日時:2006年11月3日(文化の日)
 13:30〜16:00
■コース:浅草寺本堂北側広場から、雷門通り西端まで(サンバカーニバルとほぼ同じ)
■主催:東京時代まつり実行委員会
■編成人員:30チーム、1600人
東京時代祭
 文化の日恒例、第17回東京時代祭が浅草を舞台に開催されました。5月の浅草神社例大祭「三社祭」と8月の「浅草サンバカーニバル」しか知りませんでしたが、季節によって色々な行事・イベントがあるようです。平成元年に始まり、今回で17回目ということです。
 東京は徳川家康入府から数えて400年余り、浅草は庶民文化の中心地として栄えてきました。東京のあけぼ、浅草寺の起源より、平安時代、江戸開基から現在(明治)まで、歴史的な人物風俗などの扮装で行列するものです。
 場面構成のタイトルは「暁」、「粋」、「華」、「輝」に分かれています。
「暁」−東京のあけぼのの浅草観音示現に始まり浅草神社、三社祭の一宮、二ノ宮などの御神輿が山車に乗って続きます。
「粋」−次に中世の武士である源頼朝、その妻北条政子、江戸城の開祖・太田道潅、徳川家康と続きます。「華」−そして、江戸文化の夢舞台を描く場面となります。元禄花見踊り、義士の討ち入り、大岡越前守と江戸火消、江戸歌舞伎、江戸の人気者・大久保彦左衛門、水戸黄門、江戸芸者、黒船来航、新撰組、第15代将軍・徳川慶喜と続きます。
「輝」−最後に、江戸から東京へと文明開化を描いた行列が練り歩きます。
 江戸から東京への移り変わりが楽しめます。
金龍の舞@東京時代まつり
浅草のよろこび 金龍の舞
白鷺の舞@東京時代まつり
白鷺の舞
会津奴隊@東京時代まつり
会津奴隊
元禄花見踊り@東京時代まつり
元禄花見踊り
アトリエあーとしんHOME1.2散歩index