◆浅草・向島 編

 東京の観光スポットといえば、まず最初に浮かぶのが浅草。修学旅行、海外からの観光客が必ず訪れるのがここ。休日ともなれば観光客でごった返す。

 江戸の風俗に触れ、下町の雰囲気を味わうことが出来る場所。土産物店に混ざって見え隠れする江戸職人の伝統的な技が光る江戸切子、箒、かんざし、刃物、足袋と和装小物の店。そして、食通にとって開拓しがいのある天麩羅、鰻、蕎麦、鮨、洋食等々。何回いっても飽きないのが浅草である。

 仲見世をぶらぶらしながら、参拝客で溢れる浅草寺から、隅田川を渡って川向こうの向島へ。
A:「雷門」別名「風雷神門」と言う。天慶5年(942)に駒方付近に創建され、鎌倉時代以降にいまの場所に。
  昭和35年、ナショナルの松下幸之助氏により再建。
B:雷おこしの実演販売。浅草のお土産と言ったらこれ。昔と違ってアレンジした柔らかいものが多い。
  試食して楽しもう。
C:「仲見世」。炒り豆、人形焼き、外人が喜びそうなグッズ、かつらまで売っている。
  一枚売りのせんべいやアイスクリームを買って食べ歩きが楽しい。
D:「浅草寺」。推古天皇36年(628)、漁師が隅田川で観音像を発見。その観音を祭ったことから始まった。
E:浅草寺境内における猿回しのイベントが開かれていた。手を出すと攻撃されるので要注意。
F:駅周辺からスタートする人力車。1時間あたり、9000円前後の予算。
G:場外馬券売り場。周辺の飲み屋ではTVで競馬中継を放映し、昼間から酒を飲む人の姿が多かった。
  電気ブランを片手にもつ煮こみを食べるのがここでは粋。
H:「台東区立江戸下町伝統工芸館」(無料)江戸時代の伝統技を受け継ぐ職人達の作品を展示する。
  伝統工芸品の素晴らしさを実感できる。
 K
I:「浅草演芸ホール」元は「東洋劇場」昭和39年に演芸ホールとなり、バラエティーに富んだ催しが見られる。
J:「浅草花やしき」嘉永6年(1853)に造園師・森田六三郎が造った庭園が前身。
  明治5年に遊戯施設が置かれ、昭和24年に乗り物が揃った現在の形になった。
  テーマパークとは規模の点で全然違うが、家族連れで楽しむには充分。
K:アサヒビールのモニュメント。最初はウ○コと間違える人もいる。
L:「長命寺の桜餅」桜の葉を3枚使ってくるんだ桜餅は知る人ぞ知る。
M:約170年の歴史がある言問(こととい)団子。平安時代の歌人、在原業平の和歌にちなんで作られた団子。
N:白、黄味、小倉餡の3種。お土産用が6個で1000円。店内でお茶付きで3個500円。食べて帰ろう!!
O:「向島百花園」。国指定 名勝・史跡。1804〜1830年。骨董商を営んでいた佐原鞠塢が草花鑑賞を中心とした  花園として開園した。
P:池と水辺の花。

1.2散歩index