アトリエあーとしん
巨匠・文豪の肖像
祖父・中村重義が所蔵していた写真です。親交のあった方や著作物の装丁を依頼した方です。
オリジナルであり、貴重なものです。※著作権を有する(法的に保護されている)画像です。
利用の際は、引用「アトリエあーとしん」と明記、もしくはメールにて連絡をお願いします。
横山大観
横山大観@アトリエあーとしん
横山大観(よこやまたいかん)【1868年(明治元年)-1958年(昭和33年)】
日本画家。
日本を代表する美術家のひとり。
水戸藩氏の息子として生まれ、日本美術学校(現・東京藝術大学)の一期生として岡倉天心に学ぶ。
下村観山や菱田春草とともに、日本美術院(現・公募団体の院展)の創設に参加した。天心の理想とした東洋美術の近代化と新日本画の創造に貢献した。
従来の線描を重視した手法から、線を省いた朦朧体という新しい画風を創り出した。
代表作-「生々流転」他
鏑木清方
鏑木清方@アトリエあーとしん
鏑木清方(かぶらき きよかた)【1878年(明治11年)-1972年(昭和47年)】
日本画家。
東京神田生まれ。終戦後の晩年は鎌倉に住んでいた。
近代日本の美人画家で、清らかで優美な女性を描く。東京下町の風俗や当世風の美人を描き続けた。
代表作品-「一葉女史の墓」、「墨田河舟遊」、「朝涼」、「築地明石町」、「一葉」他
志賀直哉
志賀直哉@アトリエあーとしん
志賀直哉(しがなおや)【1883年(明治16年)-1971年(昭和46年)】
日本の小説家。
宮城県石巻市出身。
白樺派を代表する作家のひとり
代表作-「城崎にて」、「小僧の神様」、「和解」、闇夜行路」他。
武者小路実篤
武者小路実篤@アトリエあーとしん
武者小路実篤(むしゃこうじ さねあつ)【1885年(明治18年)-1976年(昭和51年】
日本の小説家。
一般的には「むしゃのこうじ」と呼ばれているが、本人のサインには「むしゃこうじ」とローマ字で書かれていた。どちらでも間違いではない。
東京都千代田区一番町に、子爵・武者小路実世の第8子として生まれた。
明治43年に、志賀直哉らと雑誌「白樺」を創刊する。
代表作-「おめでたき人」、「友情」、「幸福者」、「或る男」、「人間万歳」、「愛と死」、「真理先生」、戯曲「その妹」、「ある青年の夢」等。その他、生命賛美の書画も多い。
江戸川乱歩
江戸川乱歩@アトリエあーとしん
江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)【1894年(明治27年)-1965年(昭和40年)】
日本の推理作家。
三重県出身。本名は平井太郎。アメリカの文豪「エドガー・アラン・ポー」をもじったものがペンネーム。
代表作-明智小五郎もの、少年探偵団シリーズ。「D坂の殺人事件」、「黄金仮面」、「怪人二十面相」、「少年探偵団」、「二銭銅貨」、「二十面相の呪い」他。

2009年12月25日(金)放映…テレビ東京-「世界を変える100人の日本人」番組内でこの画像が背景に使用されました。

 「世界を変える100人の日本人」番組内の、レギュラー出演者:筒井康隆先生の「日本人ならこれを読め」というこコーナー内で、江戸川乱歩作「孤島の鬼」の紹介の際、この画像が背景に使用されました。
-株式会社 テレビ東京 制作局・CP制作チーム-

坪内逍遥
坪内逍遥@アトリエあーとしん
坪内逍遥(つぼうちしょうよう)【1859年(安政6年)-(1935年)昭和10年】
日本の小説家、評論家、劇作家、翻訳家。
岐阜県美濃加茂市出身。本名は坪内雄蔵。
代表作-評論「小説真髄」、小説「当世書生気質」、戯曲「桐一葉」の他、シェイクスピア全集の翻訳等。
アトリエあーとしんTOPへ