アトリエあーとしん美味礼賛>肴てっぽう@中野新橋
肴てっぽう@中野新橋

【所在地】東京都中野区本町3-12-8
【電話番号】03-3375-5865
【営業時間】ランチタイム11:30-13:30
【定休日】水曜日
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅徒歩3分 貴乃花部屋前
【ランチメニュー(一例)】
 “今日の昼食メニュー(例)”
 ○刺身和定食980円 (まぐろ・たこ・カニクリームコロッケ・味噌汁・漬物)
    〃         (まぐろ・たこ・肉豆腐・味噌汁・漬物)
     〃         (まぐろ・たこ・鰯の梅焚き・味噌汁・漬物)
    〃         (まぐろ・たこ・鶏の唐揚げ・味噌汁・漬物)
 ○焼鳥丼650円(サラダ・味噌汁・漬物付き)
 ○日替り定食880円 鰯の梅焚き・カニクリームコロッケ(サラダ・味噌汁・漬物付き)
      〃       豚生ロース生姜焼き(サラダ・味噌汁・漬物付き)
      〃       メンチカツと鰯の梅焚き(サラダ・味噌汁・漬物付き)
      〃       そぼろ親子丼850円(サラダ・味噌汁・漬物付き)

【夜メニュー(一例)】
 ○刺身-マグロ1200円、いか950円、たこ850円
 ○焼きもの-雛鳥塩焼き550円、手羽先のにんにく包焼550円
 ○和えもの-しらすおろし500円、ぬた550円
 ○揚げもの-山芋海老いそべ揚950円
 ○酢のもの-タコ酢850円
 ○お食事-おにぎり600円、お茶漬け750円、茶そば850円
  その他

肴てっぽう@中野新橋-店舗外観

肴てっぽう@中野新橋-店内 肴てっぽう@中野新橋-店内U
【お店について】
 貴乃花部屋の斜め前にあるお店。芸能人、ジャーナリスト、マスコミ関係者も訪れる。
 店内はカウンター9席、小あがりのテーブル席8席。和の趣のある空間は落ち着いた雰囲気。カウンター席の後ろの棚には、ボトルキープの瓶がたくさん並んでいます。
てっぽう-鰯の梅焚き&クリームコロッケ
「鰯の梅焚きとカニクリームコロッケ」880円

 本日は、鰯が二尾もついています。おまけに、カニクリームも2個。ふつうなら、どちらか一皿でしょう。箸が右に行ったり、左に行ったり、色々楽しめて食が進みます。
 鰯は、骨は缶詰のような柔らかさはありませんが、骨までバリバリと音を立てて食べました。コロッケは、噛むと衣がサクッという音が出ます。中身のクリームはたっぷりで、食べ応えがあります。蜆汁は出汁が出ていて美味しいです。
 男性には嬉しい満腹になる量、女性には「美味しいけど、全部食べられない」という位のボリューム感です。味はもちろんですが、コストパフォーマンス的にも素晴らしいと思います。
【掲載】2009年8月
てっぽう-刺身和定食・まぐろ・たこ・肉豆腐
「刺身和定食」980円

 肉厚のマグロ、タコの刺身の定番の他、本日は肉豆腐の一品が付いています。通常食べる居酒屋の“肉豆腐”とは一味違います。塩梅もほど良く、出汁の旨味が野菜にも良く染みています。一味をかけると、旨味が引き立ちさらに美味しくなります。
【掲載】2009年3月
てっぽう-刺身和定食
「刺身和定食」980円

 中落ちの軍艦巻き、マグロの赤身の刺身、タコの刺身、そして、鰯の梅焚き。
 ご主人の目利きが良く、中でも「マグロが一押し」というのを噂で聞いたことがあります。この刺身の盛り合わせで、800円以上取るお店もざらにあるので、お値打ちものと言えるでしょう。確か、家の近所の小料理屋のおやじなんかはスーパーで魚を買っていましたっけぇ。
 やはり、仕入れから違うのでしょうね。肉厚のマグロの切り身は、滑らかな舌触りでとても上品な味わい。鰯の梅炊きは、鰯特有の臭みは皆無で、梅の仄かな酸味が効いていて美味。
【掲載】2008年10月
てっぽう-メンチカツと鰯の梅炊き
「メンチカツと鰯の梅焚き」880円
 揚げたてではありませんが、サクッと歯ざわりの良い衣ものメンチカツです。噛むと肉汁が溢れて美味しいです。鰯は大ぶりで、味付も程よく食べ応えもあります。
【掲載】2008年8月
てっぽう-刺身和定食
「刺身和定食」950円

 ビジュアル的にとてもきれい。中落ちの軍艦巻が耀いています。ご主人はマグロの目利きが良いとの噂。マグロもタコも旨い。鶏の唐揚げはふっくらとしていて美味。野菜はドレッシングではなく、バジル塩だったような気もするが…。ごはんの炊き上がり具合もいいですね。クオリティーの高さに満足。
【掲載】2006年8月
日替り定食@肴てっぽう
日替り定食「そぼろ親子丼」850円

 塩梅も良く、ダシの旨さも伝わってきます。自然な玉子の甘みも手伝って、多めの御飯もどんどん胃に収まっていきます。大根の漬物もコリコリと食感で酸味も塩気も程よい加減。味噌汁はワカメと豆腐とねぎ。料理全体を通して、ダシの摂り方と塩加減の良さを感じます。
【掲載】2006年8月
アトリエあーとしん美味礼賛>肴てっぽう@中野新橋