アトリエあーとしん美味礼賛>いもや神保町
いもや@神保町
とんかついもや店構え
【所在地】東京都千代田区神田神保町1-4
【電話番号】03-3293-0509
【営業時間】11:00-20:00
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「神保町駅」徒歩3分
【定休日】隔週水曜日
【メニュー】
・とんかつ(ロース)定食700円
・ヒレかつ定食900円
・漬物(白菜)100円

【いもやの系列店】
■とんかつ専門店
@東京都千代田区神保町2-16(本店)
A東京都千代田区神保町2-1-48
B今回訪問
■天麩羅・天丼専門店
@東京都千代田区神保町1-22 日祝定休 11:00-16:00 「天丼500円」、「海老天丼700円」
A東京都千代田区神保町2-16(本店) 隔週水曜日定休 11:00-20:00 「天ぷら定食600円」
B東京都千代田区神田須田町1-10 土日定休 11:00-15:00 17:00-20:00 「天ぷら定食600円」
とんかついもや@神保町
「とんかつ定食」700円
【コメント】
 神田神保町界隈で美味しいお店は星の数ほどあれど、知らない人はいないというお店。B級グルメの代表格といってもよいと思います。「いもや」は神保町界隈に数軒ありますが、店舗ごとに専門が違い、「とんかつ」、「天丼」、「天ぷら」の三つに分かれます。
 「700円でとんかつ定食が食べられる店は、他にもあるよ。」という人がいるかもしれません。ただ、多くの人を魅了するのは値段だけではなく、そのボリュームとクオリティーにもあります。もう一つ付け加えるならば、待ち時間が少ないということ。店内に縁台があって、そこで先客が食べ終わるのを待つこと数分。そしてカウンター席に座ってから、とんかつが差し出されるまでには1,2分程度しかかかりません。スタッフ3人で切り盛りをしていますが、回転が速いんです。
 本日は「とんかつ定食」。カウンターは12席あります。食事を終えた先客が立ち上がると、布きんで天板を拭き、次に座る人のお茶が置かれます。座ると直ぐにしじみの味噌汁とどんぶりに入ったごはんが置かれます。ごはんは一合(2杯分)を越す大盛です。卓上にあるたくわんをごはんの上にたくさんのせて、食べ始めます。暫くすると山が登場します。そうです、神保町にも山があるんです。頂上にはとんかつの雲がかぶさっています。「おーい、金時山かい。」、「いや、嬬恋村のキャベツです。」。キャベツの盛りは通常の2倍はあります。とんかつの大きさと厚さもしっかりあります。からしを皿の端につけ、ソース(中濃)をとんかつにたっぷりかけます。サクッとした衣で、かむと肉のジューシーな旨みが口の中に広がります。肉を食べつつ、キャベツをほうばります。あっという間に完食です。キャベツが多いので、油っこさが中和され、胸やけからは免れることができます。食べ終わった後には、満足感と共に後悔もします。「食べ過ぎた」と。つまようじは卓上にはなく、申告制です。シィーハー、シィーハーしながら余韻を楽しみましょう。
【掲載日】2006年8月
アトリエあーとしん美味礼賛>いもや@神保町