アトリエあーとしん美味礼賛>四国屋@中野新橋
手打ちうどん 四国屋

【所在地】東京都中野区本町4-5-14 スカイマンション105
【定休日】日曜・祝日
【電話】03-3382-4598
【アクセス】
 ○東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩6分
 ○東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩6分

【営業時間】
 ○11:30-15:00(L.O.14:30)/17:00-23:00(L.O.22:30)

【メニュー】
 ○すうどん700円、たぬき・きつね・月見うどん各750円、合わせ・玉子とじ・かき玉うどん各800円
 ○きざみ・肉うどん各850円、かしわうどん900円、肉きざみ・カレー・かき揚げうどん各950円
 ○親子・五目うどん各1050円、牛肉うどん1100円、他人・てんぷらうどん各1200円、鍋焼きうどん1500円
 ○“水道橋博士特製”はかせうどん950円
 ○生醤油うどん800円、冷やしぶっかけ・納豆・月見とろろ各950円、他
 ◇梅干・温泉玉子各+100円、ちくわ天+150円、えび天+500円、かき揚げ+550円、他
 □五目ばらずし250円、五目いなりずし250円、他

四国屋@中野新橋-店舗外観
「手打ちうどん 四国屋」の店舗外観

四国屋@中野新橋-店内
店内の様子

【お店について】
 1962年(昭和37年)創業の「手打ちうどん 四国屋@新中野」の暖簾分けのお店。
 本家は山橋篤美氏が営むお店で、鍋屋横丁・十貫坂上交差点近くの中野通り沿い(東京都中野区本町4-36-3)にある。

 こちらのお店は、山橋氏の妹が経営するお店。当初は、新高円寺で「たけるのママ 四国屋(2004年8月オープン)」として営んできたが、2007年7月に現在地に移転し、営業を再開した。

 丸の内線中野新橋駅を出て、青梅街道方面へ北上する。「中野新橋入口」交差点角のマンションの1F部分にある。藍色の垂れ幕と白い暖簾が目印。

 入って右側にカウンター3席、左側に厨房に面したカウンター7席がある。そして、奥にはテーブル2卓(4人掛け+6人掛け)の計10席がある。それほどゆったりとした空間ではないが、小料理屋のような雰囲気で落ち着いて食事ができる。女性2人で切り盛りをしている。接客態度も良く、手際よく調理をしている様子が伺える。
 うどんは女将さんの手打ちによるもの。奥の打ち場で伸ばして切っている。

 ランチタイムの時間帯には、ご飯とサラダ(お新香に変更も可能)のサービスがある。また、五目ばらずしや五目いなりずしが、50円引きとなるサービスもやっている。

 タレントの「水道橋博士(浅草キッド)」との交流があり、彼が発案した“水道橋博士特製”『はかせうどん』というメニューが名物となっている。
四国屋@中野新橋-はかせうどん
 本日は-水道橋博士特製-「はかせうどん」。タレント・水道橋博士が命名したというメニュー。きつね(油揚げ)とたぬき(天かす)と豚肉がトッピングされています。

 基本の魚介出汁に、豚の肉汁が加わった味。昆布の旨味に動物系の旨味が加わり、このお店独自の味わい。淡麗にしてコクがあります。
 うどんはどちらかといえば加水率の高いモッチリとしたタイプ。啜り心地の良さとソフトな食感で美味しい。
 具のきつねは上品な甘さで柔らかです。たぬきは、ふやけて卵とじのようなフワッとした食感です。麺と絡まって美味しいです。オイリーな感じは一切ありません。豚肉も意外と量があり、かじりつつうどんを啜ります。九条ネギは癖がなく、汁の味を壊さない良い薬味です。
 ランチではご飯をサービスしてくれますが、うどんとサラダを食べればもう充分です。
【掲載】2010年4月
四国屋@中野新橋-五目うどん
 本日は「五目うどん」
 具は、紅白の蒲鉾、温泉玉子、バラ肉、椎茸、小松菜、お揚げ等など、具沢山です。具を有る程度片付けないと、うどんまではたどり着けません。椎茸、お揚げは出汁が染みこみ美味しい。肉も沢山載っていて食べ応えがありました。玉子を崩して、豚すき風にしてもよいのかな。でも、汁を濁らせるのが好きではないので、そのまま頂きました。

 汁は、きつねうどんよりも、豚肉のエキスが溶け出しているせいでしょうか、よりコクがあります。

 うどんの滑らかな口当たり、モチモチ感は手打ちならではの美味しさだと思います。
 お店を出た時に、「次回は、何を食べようか」と考えるほど、再訪したくなる魅力のあるお店です。
【掲載】2009年10月
四国屋@中野新橋-きつねうどん
本日は「きつねうどん」
 最初に差し出されたのが、冷たいお茶とサラダ。サラダは結構ボリュームがあります。
 刻まれた水菜とレタスの上に、揚げたうどんが載り、胡麻ドレッシングがかけられています。サクサクとした香ばしいうどんの食感が良く、箸が進みます。

 きつねうどんは、軽くにごりのある透明感な汁。節系の出汁は抑え目で、昆布の出汁が良く出ています。塩梅もほどよく、上品なスープ。
 うどんは、讃岐にあるコシの強いタイプではなく、モッチリとしたタイプ。つるつるとした表面で、噛むと小麦粉の風味が弾けて美味しい。
 お揚げは、ほんのりとした柔らかな甘味があってこれまた美味しい。ジュワーッと出るジューシーな甘味がたまりません。他の具は、ネギ。
 卓上に、おぼろ昆布が置かれているので、好きなだけトッピングしました。お揚げを食べた後で、二度目の美味しさに出会いました。
【掲載】2009年10月
アトリエあーとしん美味礼賛>四国屋@中野新橋