アトリエあーとしん美味礼賛>笹巻けぬきすし総本店@小川町・新御茶ノ水
笹巻けぬきすし総本店
【所在地】東京都千代田区神田小川町2-12 【お店の地図】
【TEL】03-3291-2570
【アクセス】
・都営新宿線 小川町駅 徒歩2分
・東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩2分
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】9:00-18:30
お店の外観・笹巻けぬきすし 折り詰め5ヶ入り
【メニュー】
5ヶ折り詰め1050円、7ヶ折り詰め1575円、10ヶ折り詰め2047円、12ヶ折り詰め2562円、15ヶ折り詰め3076円、20ヶ折り詰め4095円、30ヶ折り詰め6153円、40ヶ折り詰め8148円、50ヶ折り詰め10153円他

【お店とお鮨について】
 創業1702年(元禄15年)の老舗。現存する鮨屋としては東京で最も古いお店。戦国時代に飯を笹に包んで兵糧としたものをヒントにしたそうです。にぎり鮨が屋台の軽食として登場したのが文化・文政年間(1804年〜1830年)ということで、それよりも古く、飯と魚の組み合わせの形をとった食品です。いわばお鮨の原型ともいえます。当初は笹巻き鮨と呼ばれ、酢を強めに効かせて笹で巻き、押したものだったそうです。それが、にぎり鮨が登場してから、にぎり鮨を笹で包んだ今日のスタイルになったそうです。けぬきとは魚の小骨を一本一本毛抜きで取ることから命名されました。 つくり方は、魚を塩漬けにした後、酸味にの強い一番酢に一日漬けます。酸味の弱い2番酢に使う直前まで漬け込みます。熊笹を巻いてから、3〜6時間頃が食べ頃となります。
店内の様子@けぬきすし総本店 店内@けぬきすし総本店
 値段は少々高めです。左の写真に写っているのは当主12代目となる宇田川さんです。店内(右の写真)で食事をすることもできます。店内に入ると先客3名。2名は折り詰めを注文した待ち客です。もう1人の方は食事を済ませ、一服していました。帰りがけに折り詰めをお土産用として持ち帰りました。
パッケージ@けぬきすし総本店
 「5ヶ折り詰め」の紐を取った状態です。箱は小さく、包装紙のデザインもシンプルなのですが、「創業元禄15年」の文字が重厚な感じを与えます。
5ヶ折り詰め@けぬきすし総本店
 蓋を取ると、ジャジャーン。最近ではビニールの笹もどきしか見ていませんが、正真正銘の熊笹です。笹は抗菌作用もありますが、お鮨の鮮度もわかります。緑の色が褪せていたら、調理をしてから時間が経っているということです。
鮨@けぬきすし総本店
 ネタ(たね)は玉子焼き、アジ、コハダ、かんぴょう巻き、おぼろです。一口サイズです。他には海老、サヨリ、小ダイ、季節の魚などがあるそうです。若干酢が強めに効いてサッパリとしています。玉子焼きも甘くありません。江戸前鮨の原型ということで、一度は口にしてみる価値はあります。
【掲載】2007年1月
アトリエあーとしん美味礼賛>笹巻けぬきすし総本店@小川町・新御茶ノ水