アトリエあーとしん美味礼賛>神田まつや@淡路町
神田まつや@淡路町
【所在地】東京都千代田区神田須田町1-13 【お店の地図】
【定休日】日曜日・祝祭日
【アクセス】
 ○東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A3出口より1分
 ○都営新宿線 小川町 徒歩1分
 ○JR中央線・山手線 神田駅 徒歩6分
【営業時間】
 ○11:00-20:00(月〜金曜日)
 ○11:00-19:00(土)
神田まつやの外観・店構え
「お店の外観」風情のある木造2階建て

【お店について】
 明治17年(1884年)創業。東京を代表する老舗蕎麦屋の1つ。小説家、池波正太郎がこよなく愛したお店としても知られている。現在は6代目の小高孝之氏が腕を振るう。一日に800食分の蕎麦を打つというから、人気の程が伺える。
 靖国通りより少し入った場所にあり、ビルの谷間の妙に古めかしい2階建ての木造の建物。現在の建物は関東震災後に建てられ、東京都選定歴史的建造物に認定された。この神田須田町界隈は東京大空襲を免れた地域でもある。
 扉が二箇所あり、右側が入口で、左が出口になっている。引き戸を開けて中に入ると和の趣のある空間。壁には古時計と大きな木鉢が飾ってあり、天井はケヤキの格子天井。右側に製麺室がある。席は8割方埋まっていて、活気のある賑わい。居酒屋とは違う喧騒感が面白い。席数66席で、4人掛けと6人掛けのテーブル席。相席は必至。店員のお姉さん達の動きも無駄がなくてきぱきとしている。会計は席まで来てくれる。
神田まつやの店内
「店内の様子」
【メニュー】
◆冷たいそば
もり550円 大もり700円 ざるそば700円 大ざる800円 ごまそば700円 大ごまそば800円
天もり1900円 大天もり1950円 
◆温かいそば・うどん
かけ550円 きつね650円 たぬき550円 きしめん650円 
花まき800円 玉子とじ800円 月見そば800円 かき玉うどん800円 釜揚げうどん800円
納豆そば850円 そばとろ850円 天南ばん900円 かしわ南ばん900円 力うどん900円
あんかけうどん900円 カレー南ばん900円 おかめ900円 鍋焼きうどん900円 にしんそば950円
親子南ばん950円 そばがき1000円 寄せ鍋うどん1100円 天ぷらそば1900円 天とじ1950円他
◆御飯もの
天丼1900円・2400円 天ぷら御飯2500円 玉子丼850円 親子丼950円・1100円 カレー丼950円
かき揚げ天丼950円
◆肴
焼海苔450円 ゆばわさび600円 うに600円 わさびいも600円 わさびかまぼこ600円 鳥わさ600円
にしん棒煮700円 焼き鳥700円 親子煮1000円 天種1700円
もり@まつや
 本日は「もり」。蒸篭に盛られた蕎麦の量は適量。多からず少なからず。薬味は、山葵(わさび)はなく、小口切りのネギのみ。卓上には柚子七味。蕎麦は、国産小麦を使用し、鶏卵をつなぎに使っている。手打ち、手切りの蕎麦はしっかりとしたコシがある。ピンと角が立ち、シャープな形状。長さは長めで、啜り心地も良く、一気に口の中に収まる。舌触り、喉越し共に良く、美味しい。かえしには本節を使う。汁は鰹の風味は然程強くはなく、適度な甘味のある辛口。蕎麦を汁にどっぷりつけずに、サッとつけて啜ると丁度良い。正に江戸の蕎麦だ。蕎麦湯は薄め。汁が濃い目なので、少し飲んでは足して、暫くすると飲みやすい濃さになる。
 老舗は高級志向になりがちだが、素晴らしいコストパフォーマンス。江戸の味を今に伝える庶民的なお店で、一度は訪れると良いお店であると思う。
蕎麦湯
「蕎麦湯」サラリとしている。

【掲載】2006年
アトリエあーとしん美味礼賛>神田まつや@淡路町