アトリエあーとしん美味礼賛>ラヴィ@中野富士見町
Raby(ラビィ)カジュアルイタリアン ラビィ
【所在地】東京都杉並区和田1-17-2
【電話】03-3380-6119
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野富士見町駅 徒歩1分
【営業時間】11:30-14:00/18:00-22:00(土・日・祝17:00-21:00)
【定休日】月曜日

【ランチメニュー】
※平日ランチタイムは、前菜・スープ・パンがセット
(例)
○週替わりのリゾット「栗と木の子のリゾット」950円
○本日のパスタ「サーモンと法蓮草のトマトクリームソーススパゲティ(カフェorティー付き)」950円
○アラビアータ800円・とろ〜りチーズのミートソース900円・辛ぼなーら900円
○日替りランチプレート950円他
ドリンク+100円
○一人ごはん1800円-前菜・スープ・パスタ・グラスワイン(赤or白)またはカフェ

【お店について】
 正式名は「カジュアルイタリアンRaby」。
 アイボリーとブラウンを基調とした店内は、テーブル席22席とカウンター6席のゆったりとした空間。お洒落で落ち着く雰囲気、高級感もあります。そのためか、女性客が多い。

 以前、訪れた時は地下にありましたが、1階に移りリニューアル。スタッフも女性2人で切り盛りをしていましたが、現在は、厨房に男性2人と接客担当の女性1人の体制となっています。オペレーションもしっかりとしています。
スペシャルプレート@ラビィコーヒー@ラビィ
土日祝の「スペシャルプレート」1300円 スープ・ドリンク付
 煮込みハンバーグ、白身魚のピカタ、カポナータ、パスタ、パン、サラダなど7品。色鮮やかで食欲をそそります。
 トマトソースで煮込んだハンバーグはトマトの酸味が効いてアッサリとした味わい。

 キッシュのような玉子料理はとても美味しい。

 魚のピカタも表面がサクッとした食感で、噛むと魚の旨味が出てきます。

 カポナータというシチリア地方の料理も量は少量でもう少し食べたい気がしますが、なかなかのものです。カポナータとは、ラテン語の「カウボーナ(居酒屋)」で、いつ客が来ても困らないように直ぐ出せる料理という意味です。ナスを中心とした野菜のトマト煮を冷ました前菜です。全体的に塩梅もよく上品な味付けでボーノ。

【掲載】2007年1月

豚肉とサツマイモのクリームソースのパスタスープパン
「豚肉とサツマイモのクリームソースパスタ」950円(スープ・パン・ドリンク付)
 揚げたサツマイモのカリッ、サクッとした食感が心地よくアクセントになっています。

 豚肉は柔らかくジューシーです。クリームソースは、ニンニクの風味が効いています。クリームソースが麺に絡みマイルドでとても美味しいです。
 スープは刻んだジャガイモなどの野菜が入ったコンソメです。パンは外側がカリッとしていて、中がしっとりとして品質の良いものです。ドリンクは、コーヒー・紅茶・ジュース類から選べます。

【掲載】2007年1月
栗と木の子のリゾット
週替わりのリゾット「栗と木の子のリゾット」950円
 お米の食感を感じさせるリゾット。季節の素材を織り込み、美味しい。チーズを効かせるともっと味が引き立つかもしれません。

【掲載】2006年

サーモンと法蓮草のトマトクリームスパゲティ
本日のパスタ。「サーモンと法蓮草のトマトクリームソーススパゲティ」(カフェorティー付き)」950円
 クリームソースはマイルドな仕上がり。ニンニクの風味、トマトの酸味、唐辛子の辛味が少し欲しいところ。麺はアルデンテで、ツルツルシコシコでベストな茹で具合です。

【掲載】2006年
アトリエあーとしん美味礼賛>ラヴィ@中野富士見町