アトリエあーとしん美味礼賛>スマトラカレー共栄堂@神保町
スマトラカレー共栄堂
【所在地】東京都千代田区神田神保町1-6サンビルB1F
【電話】03-3291-1475
【定休日】日曜・祝日
【最寄り駅】都営新宿線・都営三田線・東京メトロ半蔵門線 神保町駅 徒歩1分
【営業時間】
11:00-20:00
【メニュー】※括弧( )内はソース大盛の値段
○ポーク800円(1000円)、チキン1000円(1200円)、海老1200円(1500円)、ビーフ1200円(1500円)、タン1500円(1800円)、ハヤシライス1100円(1400円)
◆ライス大盛+100円、中盛+50円
〈サラダ〉コンビネーション、ハム、アスパラガス各800円、小サラダ300円
〈飲み物・デザート〉コーヒー、紅茶、ミルク、ジュース、アイスクリーム各300円、コーヒーフロート500円、コーラフロート450円、ビール中500円、焼きリンゴ500円(10月〜4月)

表の看板@スマトラカレー 外観@スマトラカレー
靖国通り沿いにあり、この置き看板が目印(左)。お店の入口(右)。
店内@スマトラカレー
店内の様子
【お店について】
 1924年(大正13年)創業。「明治の初期、東南アジアに遊学し、南方の風俗紹介と通商貿易などで活躍した伊藤友治郎氏。大正末、京橋南槙町に「カフェ南国」というお店を出した(後に関東大震災により瓦解)。その氏に初代店主がスマトラ島のカレー調理法を学び、日本人向けにアレンジしたカレー。」とのこと。靖国通り沿いにあるお店で、唯一の目印は置き看板。地下に降りて行くと、左側に洋食屋の「キッチンジロー」がある。右側にガラス張りのこのお店がある。ランチタイムは神保町界隈のサラリーマンで賑わっている。座席数、テーブル60席と意外と多い座席数。職場の数人連れが多い。女性一人客もいる。着席後1分も経たないうちに、水、スープ、カレーの順で出される。卓上には福神漬けとらっきょうが入った瓶が置かれている。
ポークカレー@スマトラカレー
 本日は「ポークカレー」。個々の具とカレールゥを煮るため、メニューごとに味が違うらしい。カレーの色はダークブラウン。インドカリーや和風のカレーとは色が違う。小麦粉を使わないためかサラリとしている。ラードとヘッドで1時間ほ焙煎した26種類のスパイスを使用。ポークのエキスと野菜の甘味が凝縮されてコクがある。辛くて刺激的というのではなく、心地よい辛さ。マイルドな旨味が先行して味蕾に染み渡る。脂身の少ないぶつ切りの肉がゴロゴロ入っていて食べ応え十分。米は新潟産のコシヒカリを使用。量的にも丁度良い。ライスにカレールゥを一度にかける食べ方もあるが、スプーンが二つ付いているので、かけながら食べる。但し、この場合、計算して食べないとライスだけが残ってしまう。最後は福神漬けとラッキョウを食べながらライスを食べることに…。ポタージュスープは粘度のないサラリとしたもの。カレーを食べた後だと舌がピリピリとして味が分からない。先に飲むほうがよいのでしょうか。インドカリーとは異なる味わいで舌鼓を打つ。
【掲載】2007年3月
アトリエあーとしん美味礼賛>スマトラカレー共栄堂@神保町