アトリエあーとしん美味礼賛>喜長@六本木
Bistoro Win-bar KICHO.喜長
びすとろ わいんばー きちょう
【所在地】東京都港区六本木7-12-20 ライジングビル1F
【定休日】日曜・祝日
【電話】03-3796-5501
【アクセス】
 ○都営大江戸線・東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩5分
【営業時間】
 ○11:30-14:00(L.O.)/17:30-23:00(L.O.21:30)

【ランチメニュー】※各種(サラダ・温野菜・自家製パン付)
 ○日替わりランチ-スープ・魚or肉料理・デザート・コーヒー1000円
 ○ステーキランチ-スープ・牛ステーキ・デザート・コーヒー1500円
 ○喜長ランチコース-本日の前菜・スープ・魚or肉料理・デザート・コーヒー1900円

【水曜限定・ランチメニュー】
 ○自家製パスタランチ(サラダ・自家製パン・コーヒー付)800円
 ○ステーキランチ(サラダ・自家製パン・コーヒー付)800円

【ディナーメニュー】
 ○本日の日替わりプレート1500円、本日のパスタ1500円
 ○グリーンサラダ700円、鶏の砂肝のコンフィ800円、自家製田舎風パテ1000円、モンサンミッシェル産ムール貝1500円、きのこフォンデュー1600円、クスクス喜長風1500円、フォアグラのポアレ1600円、他多数。
 ○コース料理5000円〜

ビストロ喜長@六本木-店舗外観・左
「喜長@六本木」店舗外観

ビストロ喜長@六本木-店舗外観・正面
正面入口

【お店について】
 2007年9月13日創業。元創作和食の「味楽房 喜長」があった場所。六本木ヒルズとミッドタウンの中間ほどの所に位置する。国立新美術館の近くではあるが、地図がないと分かりにくい路地裏と言える。目印になるポイントは、「六本木西公園」。

 一瞬、個人住宅かと見間違えそうな外観。階段とバルコニーの鉄柵がフランス住宅のよう。洒落た階段を上がった中2階(住所ではビル1F)に入口がある。
 店内に入ると、照明を落とした雰囲気のある空間。木のテーブルや椅子がシックで、気持ちが落ち着いてゆっくりと食事が出来る。
 テーブル12席、奥のボックス4席、カウンター4席。BGMはボサノバ。

 オーナーは元ワイン商。オーナーは、ギャルソン(給仕)とソムリエを兼ねたホール担当。厨房に立つのは女性シェフ。二人で切り盛りをしている。

喜長@六本木-店内
障子戸に、並べられたワインのシルエットが浮かび出ていて綺麗。
女性客が多いというのも頷ける。
喜長@六本木-店内・カウンター
マスターとワインについて語りたい時は、このカウンター席に座るべし。
本日の日替わりランチ-スープ・(魚or肉料理)・デザート・コーヒー
喜長@六本木-スープ
「ミネストローネ」
 酸味が効いていて美味しい。塩梅は強め。

喜長@六本木-マトウ鯛のポアレ
日立沖マトウ鯛のポアレ-サラダ・温野菜・自家製パン付」
 30cm程の大きなプレートに乗って登場。
 魚の皮がカリッと揚がっていて、ナイフを入れるとサクッと音がします。そしてナイフの先から、魚の旨味エキスがジュワーッと出てきます。身はふっくらとしていて、ジューシー。ソースも魚の味を持ち上げます。
 付け合せは、レタス等の生野菜の他に温野菜が付いている。青梗菜、サツマイモ、人参で自然な甘味が引き出されています。

喜長@六本木-デザート・パンケーキ
「パウンドケーキ」
 食後には、ホットコーヒーとデザートが付きます。コーヒーはデミサイズだが、丁度良い量。パウンドケーキは、しっとりとしていて、表面に粉砂糖がかけられています。生クリームをつけながら食べるとても美味しい。
【掲載日】2010年5月
本日の日替わりランチ-スープ・(or肉料理)・デザート・コーヒー
喜長@六本木-ブフミロトン
ブフミロトン〈ハッシュドビーフ〉-サラダ・温野菜・自家製パン付」
 女性シェフの作る料理は、ダイナミックさと言うよりは、肩肘を張らない優しい味わいといった感じです。肉はホロホロ崩れる位、良く煮込まれていて柔らかい。トマトの酸味を効かせ、味付けがくどくなく、繊細さを感じさせる肉料理です。
 付け合せのサツマイモがホクホクとしていて美味しい。

 自家製のパンは、外側がカリッとしていて、中がしっとりとしているので美味しい。男性だとパン1個だと物足りなさを感じますが、後で聞いたところお代わりはできるそうです。4個は必要かな(笑)。
【掲載】2010年5月
アトリエあーとしん美味礼賛>喜長@六本木