アトリエあーとしん美味礼賛>ビストロ幸哉@中野
ビストロ幸哉
Bien Venue an Bistro 幸哉(ビアン ヴニュ ビストロ サチヤ)
【所在地】東京都中野区新井2-5-9 【お店の地図】
【定休日】日・月曜日(その他不定休有り)
【電話】03-3387-0652
【アクセス】
・JR中央線・総武線 中野駅 徒歩10分

【営業時間】
○ランチタイム:11:30-14:00
○ディナータイム:18:00-20:30(前日までに予約)

【ランチメニュー】
 ■ランチプレート(サラダ・スープ・コーヒー付き)1050円
  リゾット・キッシュ・パスタのどれか1つ
  (例:春野菜と魚介のパスタ・生ハムのリゾット・フレンチ風エスニックカレー…)

 ■おまかせプレート(サラダオードブル・スープ・ライス、コーヒー付き)1600円
  魚or肉料理

【ディナーメニュー】
 ■おまかせコース5000円
  アミューズ・オードブル・本日の魚料理・本日の肉料理・パンorライス・デザート・コーヒーor紅茶

ビストロ幸哉-店舗外観 ビストロ幸哉-店舗外観
【お店について】
 2008年4月に閉店した「ビアンヴニュ@東中野」が、こちらの場所で2008年10月にオープン。オーナーシェフの益戸幸哉氏が過去に住んでいたこともある民家で、その1階部分を改装。2階はアパートになっている。
 店名の一部にもなっている「ビアン、ヴニュ」とは、「ようこそ」、「どうぞ」という意味。

 中野駅北口より、中野通りを北に進む。サンプラザを越し、早稲田通りと交わる新井交差点を渡って、更に進む。すると、歩道にお店の前にあるものと同じ「ランチタイムサービス」と書かれたオレンジ色の幟が立っているので、それを目印に左折する。角からフランスの国旗が見える。
 住宅街に佇む隠れ家的なフランス料理店と言った印象。

 入り口は、一般家庭の玄関といった感じで、靴を脱いで入る。ご主人自ら手を加えたと言う手作り感溢れる内装。入口の左手に、テーブル席2×4の8席、奥にある厨房前のカウンター4席、更に奥にもテーブル席があり、総席数28席。
 ご夫婦で切り盛りをしていて、アットホームな雰囲気。
ビストロ幸哉-店内 ビストロ幸哉-店内
 このお店では、農家から直接仕入れる旬の野菜を使用し、マクロビオテック※1な料理が楽しめる。
 1000円台で楽しめる本格フランス料理ということで、コストパフォーマンスとしても文句なし。
 混み始めて、要予約になると困るが、今のところ予約制は夜のみ。

※1 「長く、思い切り生きるための理論と方法」のこと。具体的には、「穀物や野菜中心の健康食・自然食」或いは「菜食主義的な色彩の強い食事療法」を意味する。
本日は「おまかせプレート」@orAを選択
 @肉料理-「カモのローストとササミのグリル」
 A魚料理-「クロダイのポアレ」
 それぞれ、前菜・スープ・ライス・コーヒー・デザート付き。
ビストロ幸哉-前菜
「前菜」@とA共通
 レタス、ブロッコリー、トマト、レバーペーストを塗ったパン、そして珍しいのは、フィコィド・グラシアル(仏語:Ficoide Glacial)。アフリカ原産の野菜で、日本ではクリスタル・リーフやアイスブランと呼ばれています。
 中性脂肪を抑制する成分のミオイノシトール、血糖値を下げる効果のあるビニトールという成分が含まれているそうです。塩分を吸収してしまう植物で、この性質を利用して、塩害を被る土地を農地に変える計画もあるようです。
 パッと見てアロエのような肉厚感もありますが、シャキシャキとした食感。面白い。ほのかに塩っぽい味がします。
ビストロ幸哉-スープ
「スープ」@とA共通
 量的には多くはありませんが、細かく刻んだ野菜がたくさん入っています。

「ライス」は、男性にはちょっと物足りなさも…。

ビストロ幸哉-カモのローストとササミのグリル
「カモのローストとササミのグリル」@の肉料理です。
 バルサミコ酢のソースが、肉の旨味を引き出し、すっきりとした後味の良さをもたらしています。グリルしたササミの香ばしさが食欲をそそり、ソフトな食感でとても美味しい。
 竹の子やチンゲン菜も甘味が引き出されていて美味しい。

ビストロ幸哉-クロダイのポアレ
「クロダイのポアレ」Aの魚料理です。
 黒鯛の上には、ホタルイカが載っています。この風味が効いて全体の味を個性的なものにしています。付け合せのサツマイモ甘味、山菜の食感を楽しむことが出来ます。もちろん魚も香ばしく、味わい深いです。

ビストロ幸哉-デザートとコーヒー
「デザートとコーヒー」@とA共通
 紅茶のタピオカ、メレンゲ添え。
【掲載日】2009年5月
アトリエあーとしん美味礼賛>ビストロ幸哉@中野