アトリエあーとしん美味礼賛>ビアンヴニュ@東中野
ビアンヴニュ・移転
【所在地】東京都中野区東中野3-10-3 フラッツ久保ビル1F
【定休日】月曜日
【電話】03-3368-6656
【アクセス】
・JR総武線 東中野駅西口 徒歩2分
・都営大江戸線 東中野駅A2出口 徒歩1分
・東京メトロ東西線 落合駅A1出口 徒歩3分
【営業時間】
ランチタイム:11:30-14:00(L.O)
ディナータイム:18:00-21:00(L.O)
ビアンヴニュの外観 ビアンヴニュの店内
「店舗外観」と「店内の様子」
【ランチメニュー】
■Aコース1500円
@(前菜を下記より1つ選択)
 (例)本日のスープ/鳥のレバームース夏野菜添え/鮮魚のマリネショートパスタ/本日のシェフおまかせサラダ
A(メインを下記より1つ選択)
 魚料理/肉料理/パスタ
Bパン(おかわりできる)とコーヒーor紅茶
デザートの盛り合わせ+300円
■Bコース2700円
■Cコース3700円
【ディナーメニュー】
Aコース3700円/Bコース4700円/Cコース5700円/アラカルト

【お店について】
 店名の「ビアン、ヴニュ」とは、「ようこそ」、「どうぞ」という意味。東中野の住宅街で気軽に味わえるフランス料理のお店。農家から直接仕入れる旬の野菜を使用している。接客も良く、安いのにリッチな気分になれる。味も本格派。
 JR東中野駅の西口を出て山手通りを渡る。山手通りに沿って東西線落合駅方面へ暫く歩くとお店の置き看板がある。その左手の路地に入って直ぐ。丁度、スーパー「ライフ」裏手にあたる。
 入口を入って、右側と左側に席が分かれている。テーブル席の総数は28席。右手正面が厨房。女性建築デザイナーが手がけた内装は広々とした空間で落ち着いた雰囲気。クリーム色の壁の色やテーブルクロスのグリーンの色など中間色でまとめられている。口コミで固定客を掴んでいるお店で、女性客が多い。人数が4人以上の時は、予約を入れた方が良いと思う。

●本日は「Aコース」。その1
パン@ビアンヴニュ
「パン」
 最初はバターとパン1個。最初は、足りるか少し不安になるが、前菜を食べた後に、おかわりをするか聞かれるので安心。おかわりの時は、縦切りにしたフランスパン。パンは両方とも、外側がカリッとしていて、中がしっとりとしていて美味しい。
サラダ・きのことベーコンのテリーヌ
「サラダ・きのことベーコンのテリーヌ@本日のシェフおまかせサラダ」前菜の1つ
 模様がレリーフ状の凹凸のある皿。裏を見ると日本製。絵柄の皿を使うお店の方が多いような気もします。盛り付けがきれいです。テリーヌがまあ美味しいこと。
あいなめのポワレトマトソース
「あいなめのポワレトマトソース@本日の魚料理」メインの1つ
 魚の切り身は小ぶり。粗引き胡椒が振りかけてあります。魚の皮がカリッとして、身はホロホロトした感じ。フレンチはやはりソースが味の決め手。ジャンクな味に慣れていると、この微妙な味わいは分からないかもしれません。
 食後は、窓の外の景色を見ながら紅茶を飲みました。
【掲載日】2006年9月


●本日は「Aコース」。その2
最初にパンとバターが出ます。
鮮魚のマリネショートパスタ
「鮮魚のマリネショートパスタ」前菜の1つ
 タコ、海老、サーモンにバジルソースがかけられています。ワインビネーガーの酸味が効いて、さっぱりとしていて美味しい。お米のようなショートパスタは食感が面白いですねぇ。
骨付きとりもも肉のコンフィ
「骨付きとりもも肉のコンフィ@本日の肉料理」メインの一つ
 魚料理と同じで、表面がサクサクしています。肉の上に香草の風味が移った香味油と炒めたシメジがかけられています。切るとジューシーな肉汁が出てきます。マスタードが良く合います。焼きトマトは甘みが出ています。
 食後に、アイスコーヒーを飲みました。
【掲載日】2006年9月
アトリエあーとしん美味礼賛>フランス料理